KARTE for Appにご契約いただきましてありがとうございます。
ここでは契約開始から実際にKARTE for Appを通してユーザーを知り、一人ひとりに合わせた体験を提供するまでの流れをご説明します。

なお、SDKと管理画面の動作環境についてはこちらのページに記載がございますので、必ずご確認ください。

Kick Off

※KARTEに関わるすべての方のご参加をお願いします。

KARTEサポート担当との顔合わせ及び今後のオンボーディングプログラムについてご説明いたします。
最初の準備がKARTEを使いこなす上で最も大切になりますので、ご契約後すぐにお申し込みください。

[事前準備]
– お送りしたロードマップの必要項目を入力後にご参加ください
– KARTEの導入にあたってKARTEチームを組成ください

App Day1

※SDKを実装されるエンジニアの方のご参加をお願いします。

KARTEにて実施予定の施策とそれに合わせたイベント定義書の作成を行います。
何をいつ配信したいかによって必要なイベント数や種別が異なりますので、KARTEをご利用いただいてどのような施策を行いたいか具体的にイメージして記載ください。
AppDay1ではイベント定義に過不足がないか施策一覧とともに1つずつ確認させていただきます。

[事前準備]
– 施策一覧:だれに/何を/いつ配信することで得たいゴールを最低5個記載ください
– イベント定義書:view/identify/カスタムイベントをそれぞれ施策に合わせて定義ください

SDKの実装

ご作成いただいたイベント定義書に合わせてSDKの実装をお願いします。
合わせてプッシュ通知を行う場合にはFirebase Cloud Messagingを使用するため、FCM SDKの実装や、モバイルアプリ計測ツールとの連携を行う場合にはその実装が必要となります。

開発者向けポータルサイト:https://developers.karte.io/docs/abount-karte-for-app

App Day2

※KARTEの企画運用をご担当される方のご参加をお願いします。

SDK実装後検証環境でのイベント実装の確認、及び施策を行う際の管理画面のご使用方法をレクチャーいたします。

[事前準備]
– 検証環境にてイベント定義書と実際にKARTE管理画面上で計測されたイベントに相違ないかご確認ください
– セグメント、接客サービスのテスト配信をお願いします(実際に配信を予定しているものでなくても構いません)

本番配信

検証環境での配信にて確認終了後、本番環境への配信をお願いします。
本番配信後、必要なセグメントやユーザーダッシュボード等を用意しましょう。

操作方法やお困りごとがあれば、管理画面よりチャットにてお問い合わせください。

App Day3

※KARTEの企画運用をご担当される方のご参加をお願いします。

本番配信2ヶ月程度経過したタイミングで振り返りを行います。
KARTE導入時にご検討されていた施策に加えて、KARTEでユーザーを知ることで新しい施策を生み出すきっかけになればと思います。