アプリ内メッセージ概要

アプリ対応テンプレートを利用し、接客サービスで配信設定をします。
アプリ対応のテンプレートは、テンプレート一覧に、iOS/Androidアプリ対応と記載があります。

アプリ内メッセージ接客の設定方法

  1. 新規作成ボタンをクリック後、ユーザーに「見せる」を選択

  1. テンプレート選択画面で、iOS/Android対応 と書かれたテンプレートを選択

  2. 必要項目を設定し、接客サービスを公開する

各項目の設定については、ウェブでの接客サービス作成と同じフローです。
ウェブでの接客サービス作成手順はこちらをご確認ください。

リンク先の指定について

リンク先を指定する方法は2種類あります。

  • ウェブのURLを指定
    • アプリ内ウェブビューで表示、もしくは、ブラウザアプリをキックしてウェブページを開きます。
  • ディープリンク(CustomURLScheme)を指定
    • 指定されたアプリ画面を開きます。

アプリの画面を開く際には、アプリ側でディープリンク対応が必要です。ディープリンクの記述の仕方は、アプリの実装方法によって異なります。エンジニアの方にご相談ください。

本番配信前の確認

実際にユーザーに配信をする前に、見た目やリンク先のテストを行ってください。
検証用のアプリで行っていただくこともできますが、本番環境でも自分だけが該当するセグメントを作り、それを指定して配信することでテストをすることができます。
テスト用のセグメントを作る方法は、KARTE for App① -SDK導入とイベントトラッキング-をご確認ください。

接客シナリオ作成シート

シナリオ作成から接客サービス作成までをスムーズに行えるよう、KARTEの接客サービス設定に合わせたシナリオ作成用のシートです。シナリオを作成・整理する際にご利用ください。
接客シナリオ作成シート

関連ドキュメント

KARTE for Appに関連するお問い合わせ

  • SDKの実装方法やプッシュ通知の配信方法等のお問い合わせは、こちらのフォームからお願いします。