接客サービス配信までのしくみは以下となります。
※2018年6月時点のものとなり、今後変更の可能性があることを予めご了承ください。

0.ユーザー情報(セグメント)を更新
 ※ ほぼリアルタイムに反映されますが、判定可能な状態になるまで少しだけ時間がかかります。
1.スケジュール判定
 公開中、かつ配信スケジュールが合致する接客サービスを抽出します。
2.対象ユーザー(セグメント)判定
 ユーザー情報(セグメント)をもとに判定を行います。それまでに計算されたユーザー情報に、配信トリガーイベントを一時的にマージして判定を行います。
3.配信トリガーイベント判定
4.アクショングループ振り分け
 接客サービスに対して複数のアクションを設定している場合は、この時点で振り分けられます。
 アクションでユーザー変数を設定している場合は、振り分け後に判定がされます。
5.同時配信/優先度判定
 アクションでの表示条件(配信時間、スクロール率)を設定している場合、このタイミングで判定が行われます。表示されない判定となった場合、「表示抑制(_message_suppressed)」イベントが発生します。
6.表示準備(_message_ready)
 アクションの実施グループに振り分けられていても、この時点では(表示されるまでは)接客数にカウントされません。
7.表示(_message_open)
 接客数にカウントされます。
8.クリック(_message_click)
 接客サービスをクリック時に発生します。接客サービス内のaタグのみに発生します。_message_clickが発生していない場合はクリック数としてカウントされません。
9.閉じる(_message_close)
 接客サービスを閉じる。_message_closeが発生していない場合は、接客サービスが閉じたとカウントされません。