接客サービス作成フローのオプション設定内にある、「他の接客サービスとの同時配信設定」で、他の接客サービスと同一のPV上に配信する設定の有効化/無効化が可能です。
「同時配信を有効にする」にチェックをいれると同時配信が有効に、チェックが入っていない場合は無効の設定になります。

同時配信設定の仕様

  • 1ページ上で、複数の接客サービスが配信条件を満たしているとき、同時配信が無効のものは最大で1個、それに加え同時配信が有効のものがすべて配信されます。
    つまり、同時配信が無効とは、他の同時配信が無効の接客とは同PV上で同時に出ないという意味で、その接客表示時には他の接客は表示されないという排他設定ではありません。
  • 旧タイプのテンプレートをご利用いただいている場合、デフォルトで同時配信NGとなることがあります。

ケーススタディー

  • 接客サービスA、Bがある場合
接客サービスA 接客サービスB 結果
無効 無効 AとBはどちらか一方しか表示されません
有効 無効 AとBは両方表示されます
有効 有効 AとB両方表示されます
  • 接客サービスA、B、Cがある場合
接客サービスA 接客サービスB 接客サービスC 結果
有効 無効 無効 AとB、もしくはAとCの2つが配信されます
有効 有効 無効 AとBとCがすべて表示されます
有効 有効 有効 AとBとCが全て表示されます

同時配信が無効設定の接客間の優先度

同時配信設定が無効の接客サービスが複数個同時に配信条件を満たしたとき、どちらが配信されるかは以下のルールで決定されます。

  1. 配信優先度がより高い接客サービス。ある接客サービスの優先度が高、他の接客サービスが中の場合、高の接客サービスが常に配信されます。
  2. 同じ配信優先度の接客サービスが複数ある場合は、更新日時が最も新しい接客サービスが常に配信されます。

※ 注意点として、優先度が高くても、ページ内で他に配信タイミングが早い接客がある場合はそちらが優先されます(ページ内で配信タイミングが早い接客が優先されます。同じタイミングであれば優先度が高いものが配信されます)。

  • viewイベント以外の配信トリガーを設定していて、そのイベントがviewイベントよりも後に発生する場合
  • viewイベントの後に発生するカスタムイベントからセグメントを作成し、対象ユーザーに設定している場合

よくあるケース

以下の二つの接客サービスがある場合。

  • 接客A 同時配信が無効 優先度高 ユーザー毎
  • 接客B 同時配信が無効 優先度中 ユーザー毎

このケースだと以下のように配信される。

  • 1回目のアクセス 接客A のみ表示される
  • 2回目のアクセス 接客B のみ表示される

注意

ウィジェットと呼ばれる新しいタイプのテンプレートと異なり、通知やカードの古いテンプレートに関しては、同時配信設定の設定を行うことはできません。
そのため以下のような表示ルールとなります。

  • 通知(旧)+通知(旧):接客サービスの優先度or接客サービスの最終更新日が最新のものいずれか一方
  • 通知(旧)+カード(旧):接客サービスの優先度or接客サービスの最終更新日が最新のものいずれか一方
  • 通知(旧)+ウィジェット:両方表示OK
  • ウィジェット+ウィジェット:両方表示OK