接客サービス編集画面で、接客サービスの配信停止条件を設定する方法について説明します。

「!!接客サービス!!編集画面 > 対象!!イベント!!」で、配信停止条件の設定が可能です。

配信停止条件

特定の条件を満たすユーザーに対する!!接客サービス!!の配信を停止することが可能です。指定できる条件については後述します。

画面の説明

  1. !!接客サービス!!の「表示回数」に基づいた配信停止条件の指定が行えます。指定した回数以上接客サービスが表示されたユーザーには、それ以上接客サービスが配信されなくなります。配信されても表示されないケースはカウントに含まれません。
  2. !!接客サービス!!が「閉じられた回数」に基づいた配信停止条件の指定が行えます。指定した回数以上接客サービスを閉じたユーザーには、それ以上接客サービスが配信されなくなります。
  3. !!接客サービス!!が「クリックされた回数」に基づいた配信停止条件の指定が行えます。指定した回数以上接客サービスをクリックしたユーザーには、それ以上接客サービスが配信されなくなります。
  4. チェックを入れた条件だけが有効になります。
  5. 「すべての期間」: !!接客サービス!!が最初に配信されてから現在までの全期間を回数の計測期間として、条件の指定が行えます。
  6. 「1日の間で」: 1日(0:00〜23:59)を回数の計測期間として、条件の指定が行えます。したがって、配信が停止された日の翌日も再び回数が0から計測され、配信停止条件を満たすまで配信されます。

複数の条件を指定した場合

どれか一つでも条件を満たした時点で、そのユーザーへの配信を停止します。