特定の条件でエンドユーザーとの会話を検索したい場合にご利用いただける機能は以下の通りです。

  • ユーザーラベルによる絞り込み検索
  • チャットラベルによる絞り込み検索
  • ユーザーIDによる検索

検索は、トーク画面の会話一覧右上にある「絞り込み」ボタンから操作をします。
検索対象となるのは、会話一覧に表示されている(担当オペレーターと対応状況で絞り込まれている)一覧です。検索前に、正しいオペレーターと対応状況が選択されていることをご確認下さい。

注意点:
– 担当オペレーターは最新の担当状況で判断をします。
– 対応済み処理時に担当オペレーターを外す設定にしている場合、対応済みの会話はすべて未担当となりますので対応済みを検索する場合は個別のオペレーターで絞り込まずに「すべて」または「未担当」を選択した会話一覧から検索を行って下さい。

ユーザーIDによる検索

会話をしている相手のユーザーIDを指定して検索することができます。
ユーザーIDとは、KARTEへユーザータグを介して送信しているuser_idを指します。

完全一致の検索となりますので、複数の条件での検索は行なえません。

ユーザーIDによる検索結果は、ユーザー毎の表示のみに対応しており、会話毎の表示はされません。

ユーザーラベルによる絞り込み

トーク画面で会話相手のユーザー情報を表示し、「ユーザー情報」タブの最下部にある「ユーザーラベル」の機能を利用して付与したラベルに応じた絞り込みができます。

絞り込みの「ユーザーラベル」に絞り込みたいラベルを選択して下さい。
複数のユーザーラベルを条件に絞り込むことが可能です。その場合、条件指定したすべてのラベルが付与されているユーザーが絞り込まれます。

チャットラベルによる絞り込み

ユーザーとの会話のスレッド(会話が対応中ステータスに切り替わってから、対応済みステータスになるまでの間が1スレッド)に対して付与されているチャットラベルを選択した絞り込みができます。

絞り込みの「チャットラベル」に絞り込みたいラベルを選択してください。
尚、チャットラベルは会話のスレッド毎に付与されているもののため、絞り込んだ結果はユーザー毎では表示がされず、会話毎の表示のみとなります。

複数のチャットラベルを条件に絞り込むことが可能です。その場合、条件指定したすべてのラベルが付与されているユーザーが絞り込まれます。