ユースケース

「一度だけ送信されるメッセージ」は1ユーザーに対し1度しか配信がされません。
会話画面を開く都度、チャット問い合わせ方法などの基本情報をチャットメッセージとして会話画面に送信したい場合は自動返信メッセージ返信を使って実現することができます。

設定方法

一般的な自動返信メッセージの送信方法についてはこちらのサポートサイトをご覧ください。

自動返信メッセージ本文

接客アクションを設定(テンプレート選択)する際に「チャットメッセージ送信」を選択します。

アクション編集画面(エディタ)で任意のメッセージを設定してください。

配信対象セグメント

下図のようにKARTE Talkログイベントの「content.log_data.responding」の値が「false」であることを条件として設定したセグメントを作成し、自動返信メッセージの接客サービスの配信対象ユーザーとして設定します。

配信トリガー設定

配信モードは、「イベント応答配信」にしたうえで、対象イベント設定に進みます。

対象イベント設定>配信トリガーにて下図のように、「チャットウィンドウを表示」イベントの「接客アクション名」が「存在する」ことをトリガーとして設定します。

「チャットウィンドウを表示」イベントは、ユーザーがチャットランチャアイコンをクリックしてチャット会話画面を表示させる都度発生するイベントです。
配信頻度は「アクセス毎」としておくことで、チャット会話画面が表示される都度、メッセージが配信されます。
1度のセッションで、問い合わせを開始せずに複数回チャット会話画面を開いた場合、その都度メッセージが配信されますので、そのようなケースが想定されるのであれば「セッション毎」に絞っていただくことを推奨します。