オペレータの投稿ミスを防ぐための機能として、メッセージに特定の単語(禁止ワード)が含まれないかをチェックする機能があります。

設定方法についてはこちらを御覧ください。

仕様

  • 送信メッセージの中にあらかじめ登録された禁止ワードが含まれているかどうかをチェックします。正規表現による部分一致によって判定しています
  • 禁止ワードの中に正規表現の特殊記号を入れても無効です(エスケープされた上で比較されます)
  • 禁止ワードが含まれていた場合は送信を中止し、エラーメッセージを画面に表示します
  • 禁止ワードによって送信が中止された場合はDB上にデータは残らず、talk_message_failイベントも発生しません
  • 管理画面から顧客に送信する場合のフィルタであり、顧客側からの通信は制限しません
  • 現在のところ、設定を一括して行う機能などはありません