エンドユーザーとのコミュニケーションを行う上で利用できる機能を以下の紹介します。

通知
返信方法のバリエーション
ノート
ラベル
検索
表示内容の制御

通知

タブでの通知

お客様からチャットで問い合わせがくるとブラウザのタブ上で数字が表示されます。


上記以外にもメール及びSlackでの通知をご用意しております。
詳細はTALKの通知方法をご確認ください。

Talk管理画面上の通知

Talk画面を開くとメッセージが確認できます。新規の問い合わせは全て「未担当」に分類されるため、「未担当」よりメッセージを開くと画面右側にチャット画面が表示されます。

サイト上のどこでチャット問い合わせが発生したかを確認します。

右上のプルダウンより担当者を変更ができます。

右上のアイコンをクリックしていただくとチャット相手の情報を確認することができます。

返信方法のバリエーション

返信は通常のテキストでの返信以外にも絵文字、画像、定型文、ユーザー情報を利用した配信が可能となります。

ノートの利用

ノートは社内のオペレータのみが閲覧することでき、ユーザーには公開されません。複数のオペレーターで対応する場合の引き継ぎメモやユーザーの情報を蓄積する場所として利用いただけます。

ラベルの利用

それぞれのチャットのステータスを管理するために、ラベルをご用意しています。
ラベルの名前は自由に作成することができ、インボックス内でラベルの名前を入力するとラベルが振られているチャットが絞り込れます。

検索

デフォルトの検索はユーザーIDとなっておりますが、メッセージ内のテキスト、ユーザーラベルからも検索対象として広げることができます。

表示内容の制御

スレッドに表示される担当変更/返信までの時間アラート/対応済ラベルなどのログを非表示にすることが可能です。

ノートのみに内容を絞り混むことも可能です。

イベントのログを選択して表示することも可能です。