エンドユーザーとのコミュニケーションを行う上で利用できる機能を以下の紹介します。

通知
返信方法のバリエーション
ノート
ラベル
表示内容の制御

新着未読メッセージがあることを確認する

ブラウザのタブで新着未読メッセージ数をみる

エンドユーザーから新着未読メッセージが入ると、KARTE管理画面を開いているブラウザのタブのファビコンで未読メッセージ数が表示されます。

その他任意の設定で音やブラウザプッシュ通知から新着メッセージの通知を受け取ることも可能です。
設定の詳細についてはこちらをご覧ください。

トーク画面で新着未読メッセージ数をみる

新規のお問い合わせスレッドは全て「未担当」に入ります(ただし、自動アサインルールを設定している場合は自動アサインルールに則り、オペレーターにアサインされます)。

オペレーター一覧より、アサイン別の未読メッセージ数を確認することができます。

会話をオペレーターにアサインする

会話画面右上のプルダウンより担当者を変更ができます。

会話の相手を知る

トーク画面には、会話の相手となるエンドユーザーを知るための機能が実装されています。

発言時に閲覧していたサイトのリンクをみる

エンドユーザーの発言の上をマウスオーバーすると操作メニューが表示されます。
こちらから、「」メッセージ送信時のサイトを表示」をクリックすると、その発言を送信した時点で閲覧していたサイトのページに飛ぶことができます。

ユーザー情報をみる

上記同様の操作で「ユーザータイムラインを表示」を選択、または会話右上の操作メニューからユーザー情報を表示させることができます。

「ユーザー情報」ではユーザーが該当するセグメントなどストーリー画面の左側パネルと同じ情報を、「タイムライン」では発生イベントを時系列で確認できます。

会話をしている相手が今、何をしているかを把握できる機能です。

エンドユーザーに返信をする

返信は通常のテキストでの返信以外にも絵文字、画像、定型文、ユーザー情報を利用した返信が可能です。

エンドユーザーとの会話にメモを残す(ノートの利用)

ノートは社内のオペレータのみが閲覧することでき、ユーザーには公開されません。複数のオペレーターで対応する場合の引き継ぎメモやユーザーの情報を蓄積する場所として利用いただけます。

エンドユーザーとの会話を分類する(チャットラベルの利用)

会話のスレッド(会話が対応中になり、対応済みになるまでの間を1スレッドとカウント)に対して、チャットラベルを付与することでTalkチャットレポートで、ラベル毎の対応件数等の集計を見ることができます。

チャットラベルは、会話のステータスを変更した時(対応中、返信待ち、対応済みにした時)にラベル付与のプルダウンが表示されます。
プルダウンから任意のラベル(複数選択可)を指定してください。