KARTE Talkのチャット機能を使って、エンドユーザーと会話をするためには専用の権限がKARTEアカウントに付与されている必要があります。

権限設定

チャット権限の付与は、「プロジェクト設定」> 「基本設定」> 「権限グループ」から、各ユーザーのメールアドレスの右側にある権限グループの変更からKARTE Talk権限の設定で行います。

KARTE Talkの権限

各権限については以下の通りです。

メッセージ閲覧 メッセージ閲覧+送信 管理者
Talk閲覧 ✔︎ ✔︎
Talk送信 ✔︎
ノート閲覧 ✔︎ ✔︎
ノート書き込み ✔︎
接客サービスノート書き込み ✔︎
オペレーターアイコン ✔︎ ✔︎
インボックスタブ ✔︎ ✔︎
Talkサービスタブ ✔︎ ✔︎
スタッフタブ ✔︎ ✔︎
担当設定 ✔︎ ✔︎
対応済みフラグ ✔︎ ✔︎
オンライン/オフライン切替 ✔︎
別のユーザーのオンライン/オフライン切替 ✔︎
KARTE Talkプラグイン設定の変更 ✔︎

アカウントでのプロフィール設定

チャットの対応時に表示される名前やアイコンの設定は、各オペレーターが自身の設定画面で行います。

管理画面左側のナビゲーションバー>KARTE Talkアイコン>Talk設定画面>チャットアカウント設定をご覧ください。

  • 画像は管理画面上と、エンドユーザーと両方に表示されるものです
  • チャットオペレーター名はエンドユーザーに表示されるものです(管理画面上ではアカウント名が表示されます)