チャット機能ではチャットのスレッド(各ユーザーのチャット開始からオペレーターが対応完了とするまでの会話)にラベル付けを行うことができます。
ラベルをつけることで、問い合わせの種類や問い合わせしたユーザーの区分など毎にチャットレポート(今後リリースを予定)で集計を見ることができます。ラベルの種類は任意で作成でき、お客様とのチャットのやりとりを完了するごとに付けることが可能です。

チャットラベルの設定

チャットラベルの設定は、管理画面左側のナビゲーションバーの歯車マーク >「基本設定 & 決済設定」> 「オプション」> 「チャットラベルの管理」から、ラベルの追加・削除を行います。

一度作成したラベルにはIDが振られ、その情報がKARTEで保持されますので、一度削除して、また同じ名前のラベルを追加した場合も、先にに作成したラベルが復活する形となり、集計情報も以前のデータから引き継がれます。
ただし、半角スペースが入るなど、ラベルの名前の文字列が完全に一致しない場合は別のラベルとして認識されますのでご注意ください。

例:「テスト」というラベルを作成、それをチャットにつけて運用、その後「テスト」というラベルを管理画面から削除、そしてその後また新たに「テスト」というラベルを作った時、最初の「テスト」と後から作った「テスト」は同じものとなります。

※現状の仕様では、ラベル表示の並び順は任意に設定・変更できません。

チャットラベルの付け方

Talk画面でお客様とのやりとり完了後、オペレーターがチャットを「対応済みにする」をクリックするとラベル入力の表示が出ます。ドロップダウンより、「チャットラベルの管理」で作成したラベルを選択して付けることができます。

ラベルは、1つのチャットに複数付与することが可能で、また、後から付与したラベルを削除、あるいは追加で付与することも可能です。

__________2017-04-10_15.12.00.png

チャットラベルの集計

チャットレポートにて集計が可能です。