アクションの変数として、KARTEのユーザーデータを使用することができる機能です。例えばユーザー情報を利用して「ようこそ◯◯さん」、「◯◯ブランドの新着商品をチェック!」や会員IDに応じてリンク先URLを変更することが可能となります。

※変数の詳細な利用方法についてはアクション内での変数の利用を御覧ください。

設定方法

アクション編集で設定を行う

アクション編集画面、もしくはテンプレート編集画面のベーシック側のタブで、サイドバーのデータ管理 > ユーザー情報変数 から、利用したいユーザー情報変数を定義します。

  • 変数名
    • HTMLやScript等で埋め込む用の名前をつけます。変数名には半角のアルファベットかアンダースコア (_) かドル記号 ($)のみ使用できます。先頭以外では数字も使えます。
  • 設定値
    • セグメントの設定等と同様の要領で、使用する値の種類を選べます。
  • デフォルト値
    • データ管理>ユーザー情報変数>オプションを選択するとデフォルト値の設定が可能となります。
    • 配信先ユーザーが、「設定値」の項目で指定したユーザーデータを保有していない場合、代わりに仕様するためのデフォルト値です。
      • ユーザー名がない場合に「あなた」と設定する、デフォルトのトップページURLへ誘導するなど
    • 注意点
      • ユーザーデータを空文字("")で送信している場合、「空文字のユーザーデータが存在している」とみなされ、デフォルト値は表示されません。詳しくはこちらをご確認ください。

※設定した変数は、HTML、CSS、Script、もしくはテンプレート変数の値の中で、[[変数名]]で使用することが可能です。

配信がされない場合

設定はしたけれども配信がされない、という場合は以下をご確認ください。

デフォルト値を設定していないユーザー情報変数が設定されているアクションは、指定の設定値を持たないユーザーに対しては配信されません。このため、指定した値を持っていないユーザーに対して、アクションを出すこと
はなくなります。また、このルールを利用して、値を持っているユーザーのみに配信するといった制御も可能になります。

    • 誕生日のデータを持っているユーザーにのみ、誕生日おめでとうメッセージを表示するこのルールは、変数を使用しているかどうかではなく、設定しているかどうかで判定されます。

セグメントを切らずに値が存在するかどうかで配信するかどうかを制御している場合、ABテストの正確さが損なわれる可能性があります。たとえば、全ユーザーに対して、ユーザー情報変数としてユーザー名を使用した場合、接客の対象はほぼメンバーのみになりますが、未接客の対象はメンバーもビジターも両方含まれます。
上記の仕様となっているのは、値がないユーザーに意図しない接客が出るのを避けるためです。
ABテストが正確でないという問題については、ユーザー名を持っているユーザーに対して配信するというように、セグメントを正確に設定することで回避が可能です。

テスト確認する場合

テスト確認(サイトで確認)する場合には、「プレビューでの値」を設定することにより、設定した値が反映され連携の確認が可能となります。

具体的な設定事例