メッセージの種類(例えば、新商品のお知らせ、新機能のお知らせ、キャンペーン情報)ごとにユーザが通知許可の設定をできるようにし、これに応じてメールやアプリプッシュ通知の配信を出し分けたい、という場合があります。

種類ごとの購読状況をイベントプロパティとして送信し、その値に応じたセグメントへの配信を行なうことで実現可能です。
プロパティ例:identify.subscribe_new_product: trueidentify.subscribe_campaign: true

イベントはウェブやアプリ、サーバサイドAPIから送れるため用途に応じて送信方法を選択し実装してください。