特定のルールに合致するイベントが発生した回数のチャートを作成し、ユーザーを分析する方法を説明します。

フィルターイベントを作成する。

発生回数を見たいイベントについて、フィルターイベントを作成します。
(参考)フィルターイベントの設定方法
(イメージ)

フィルターイベントの送信回数のチャートを作成する

(1)イベントの登録

  • 歯車マーク > 使用するユーザーの統計値を選択します。
  • 新規作成 から、作成したフィルターイベントの送信回数を以下のように登録します。
    すべての期間 > (登録したフィルターイベント) > date の 送信回数

(2)チャートの作成

  • 歯車マーク > チャートの新規作成  > ユーザーの統計値 を選択します。
  • 対象のユーザーの統計値では、(1)で登録したイベントをプルダウンから選択します。
  • 区分を、以下の例のように5個まで設定します。
    (イメージ)

  • 保存するで保存します。

以上で、以下のようなチャートが作成されます。

セグメントやチャートの絞り込みで数値を分析する

作成した「イベントの発生回数」のチャートでユーザーを絞り込んだり、上部のバーからセグメントを絞り込むことで、他のチャートに表示されて入る各数値(例えば購入金額など)を分析することが可能です。