KARTEでは、カスタムイベントタグフィルターイベントなどを使って、サイト上の様々なコンバージョンをイベントとして計測することが可能です。

ユーザーダッシュボードの「イベントの発生」チャートを使って、サイト上でコンバージョンが発生しているユーザーを調べる方法について説明します。

例では、以下のコンバージョンをイベントで計測している前提で説明します。
・問い合わせ
・資料請求
・セミナー申込
・会員登録
・成約

各コンバージョンのイベントの発生チャートを作成する

(1)イベントの登録

  • 歯車マーク > 使用するイベントの条件を選択します。
  • 新規作成 から、各コンバージョンイベントを以下のように登録します。
    • イベントの条件で、コンバージョンイベントのイベント名を選択(詳細な条件指定は不要です)
  • サンプルでは「資料請求」のイベントを登録していますが、必要に応じてその他のコンバージョンイベントも登録してください。

(2)チャートの作成

  • 歯車マーク > チャートの新規作成  > イベントの発生 を選択します。
  • チャート名を入力し、対象のイベントでは、(1)で登録したイベント > が > 発生した を選択します。
  • 区分を追加 からチャート表示したい全てのイベントを登録します。
    (イメージ)
  • 保存するで保存します。

以上で、以下のようなチャートが作成されます。

(注意)解析期間内にコンバージョンイベントが発生したユーザーとなります。

その他

各コンバージョンイベントが発生していないユーザーを調べる

上記のチャート作成画面で、
登録したイベント発生していない
と選択すると、コンバージョンイベントが発生していないユーザーのチャートを作成することができます。