ユーザーダッシュボードでは、初回来訪者向けの施策が再来訪にどれだけつながったかを見るために、
「はじめての来訪 > 初回来訪者向け施策クリック > 再来訪」
といったファネルを作成することが可能です。

以下の例では、「はじめての来訪」「リピート来訪」というセグメントと、「初回来訪者施策」という接客サービスで発生するクリックイベントを使ったファネルの作成方法を説明します。お客様の施策やセグメントに合わせて、適宜読み替えて設定をしてください。

再来訪のファネルを作成する

(1)ステップセグメントの登録

  • 歯車マーク > ステップセグメントの管理 を選択します。
  • 新規作成 > ステップを追加 から、 「はじめての来訪→初回来訪者向け施策クリック→再来訪」といった閲覧ページのステップを以下のように登録します。
    • ステップ名(例.初回来訪)を入力し、セグメントに入るを選択、条件を追加から セグメントIDリスト が (はじめての来訪) を含む と設定します。
    • ステップを追加してステップ名(例.初回来訪施策クリック)を入力し、接客サービスをクリックを選択、条件を追加から 接客サービス名 が (初回来訪者施策) に等しい と設定します。
    • ステップを追加してステップ名(例.再来訪)を入力し、セグメントに入るを選択、条件を追加から セグメントIDリスト が (リピート来訪) を含む と設定します。
    • ステップに設定した順で計測するにチェックを入れます。
    • 全ステップ到達した期間は、日/時間/分/秒単位で指定したい場合に、チェックをいれて入力します。設定しない場合には、解析期間内に全ステップ到達したかどうかで判定します。

(イメージ)

(2)ファネルの作成

  • 歯車マーク > チャートの新規作成  > ファネル を選択します。
  • 対象のステップセグメントでは、(1)で登録したステップセグメントをプルダウンから選択します。
  • チャート名を入力し、保存するで保存します。
    以上でファネルの作成は終了です。

(イメージ)