KARTEからメール配信をした場合は、開封・クリックのイベントを計測することができます。
メールを開封した回数により、メールキャンペーンに反応したユーザーを分析する方法を説明します。

メール開封回数のチャートを作成する

(1)イベントの登録

  • 歯車マーク > 使用するユーザーの統計値を選択します。
  • 新規作成 から、メール開封に関するイベントを以下のように登録します。
    • すべての期間 > TALKメッセージ開封 > date の 送信回数
      (イメージ)

(2)チャートの作成

  • 歯車マーク > チャートの新規作成  > ユーザーの統計値 を選択します。
  • 対象のユーザーの統計値では、(1)で登録したイベントをプルダウンから選択します。
  • 区分に特定のページを、以下の例のように5個まで設定します。
    (イメージ)
  • チャート形式をバーチャートパイチャートから選択します。
  • 保存するで保存します。

以上で、以下のようなチャートが作成されます。

分析例

上部のバーでセグメントを指定したり、チャートを掛け合わせることで、例えば以下のような分析が可能です。

(イメージ:直近来訪しているユーザーがメールを開封しているかどうか)

1ヶ月間で数十通のメールを配信していながら、1度もメールを開封していないユーザーなどは、有効なメールアドレスではなくなっている・メールが有効なチャネルではない、などの可能性があります。
– 有効なメールアドレスを再確認する
– 一定期間反応がないユーザーに対してはメール配信を中断する
などの対策を検討しましょう。

関連リンク

エンゲージメントの低い(反応の少ない)ユーザーにメール配信をし続けると、レピュテーションに悪影響を及ぼす場合もあります。(参考)
ユーザーの反応を見ながら、コミュニケーションを取る手段として適切なチャネルを選択していきましょう。