IPロケーション(オプション)では、アクセスしているユーザーの位置情報や企業情報を取得することができます。
IPロケーションで取得している情報をユーザーダッシュボードでチャート作成し、分析する方法を説明します。

チャート作成方法

(1)イベントの登録

  • 右上の歯車マーク > 使用するユーザーの統計値 を選択
  • 新規作成 から、IPロケーション取得情報に関するイベントを以下のように登録します。
    • すべての期間 IPロケーション(_location_jp) (特定の項目名)最新の値 (例では OrgIpoType(上場区分フラグ) を登録)
      (イメージ)

(2)チャートの作成

  • 歯車マーク > チャートの新規作成  > ユーザーの統計値 を選択します。
  • 対象のユーザーの統計値では、(1)で登録したイベントをプルダウンから選択します。
  • 区分に特定の項目を、以下の例のように5個まで設定します。
    (イメージ)
  • チャート形式をバーチャートパイチャートから選択します。
  • 保存するで保存します。

以上で、以下のようなチャートが作成されます。

分析例

上部のバーで条件を指定して、例えば以下のような分析やそれを元にした接客をすることが可能です。
– 見込み顧客の発掘
– 上場区分、売上高規模などの企業規模で見込み顧客へのアプローチ方法を検討
– 流入チャネルごとの企業分析
– メディア、広告別に流入するユーザーの企業規模を分析
– 競合企業や協業パートナーのページアクセス分析
– IPロケーションによる企業名を取得して競合・協業とみられるユーザーのよく見るページを分析

関連リンク

(注)IPロケーションはオプションサービスとなります。(参考)

参考

組織関連データ対応表

  • 上場区分フラグ

    OrgIpoType contents
    1 東証一部
    2 東証二部
    3 地方上場
    4 JASDAQ
    5 マザーズ
    6 ヘラクレス
    9 非上場
  • 売上高コード

    OrgGrossCode contents
    1 1億未満
    2 1億以上5億未満
    3 5億以上10億未満
    4 10億以上50億未満
    5 50億以上100億未満
    6 100億以上500億未満
    7 500億以上1000億未満
    8 1000億以上5000億未満
    9 5000億以上
    99 不明
  • 従業員数コード

    OrgEmployeesCode contents
    1 1人以上5人未満
    2 5人以上10人未満
    3 10人以上30人未満
    4 30人以上50人未満
    5 50人以上100人未満
    6 100人以上200人未満
    7 200人以上300人未満
    8 300人以上500人未満
    9 500人以上
    99 不明