メール、SMS、LINE、ウェブプッシュ通知の送信可能ユーザーを把握するために、サブスクリプション(購読許諾)の値をユーザーダッシュボードで確認する方法を記載します。

メールのサブスクリプション

(前提)
identifyイベントで、emailsubscriptionを取得していることが条件です。

(1)イベントの登録

  • 右上の歯車マーク > 使用するユーザーの統計値 を選択
  • 新規作成 から、ユーザータグのメールマガジン登録(subscription)に関するイベントを以下のように登録します。
    • すべての期間 > ユーザータグ > メールマガジン登録 の 最新の値
      (イメージ)

(2)チャートの作成

  • 歯車マーク > チャートの新規作成  > ユーザーの統計値 を選択します。
  • 対象のユーザーの統計値では、(1)で登録したイベントをプルダウンから選択します。
  • 区分に以下の例のようにtruefalseを設定します。
    (イメージ)

  • 保存するで保存します。

以上で、以下のようなチャートが作成されます。

SMSのサブスクリプション

(前提)
identifyイベントで、phonephone_subscribeを取得していることが条件です。

(1)イベントの登録

  • 右上の歯車マーク > 使用するユーザーの統計値 を選択
  • 新規作成 から、ユーザータグのSMS配信許諾(phone_subscribe)に関するイベントを以下のように登録します。
    • すべての期間 > ユーザータグ > phone_subscribe の 最新の値
      (イメージ)

(2)チャートの作成

  • 歯車マーク > チャートの新規作成  > ユーザーの統計値 を選択します。
  • 対象のユーザーの統計値では、(1)で登録したイベントをプルダウンから選択します。
  • 区分に以下の例のようにtruefalseを設定します。
    (イメージ)

  • 保存するで保存します。

以上で、以下のようなチャートが作成されます。

LINEの配信可能/配信不可

(前提)
plugin_line_identifyイベントで、line_user_idsubscribeを取得していることが条件です。
(参考)LINEメッセージが送信可能なユーザーの定義

(1)イベントの登録

  • 右上の歯車マーク > 使用するユーザーの統計値 を選択
  • 新規作成 から、ユーザータグのLINE配信許諾(subscribe)に関するイベントを以下のように登録します。
    • すべての期間 > plugin_line_identify > subscribe の 最新の値
      (イメージ)

(2)チャートの作成

  • 歯車マーク > チャートの新規作成  > ユーザーの統計値 を選択します。
  • 対象のユーザーの統計値では、(1)で登録したイベントをプルダウンから選択します。
  • 区分に以下の例のようにtruefalseを設定します。
    (イメージ)

  • 保存するで保存します。

以上で、以下のようなチャートが作成されます。

ウェブプッシュの許可/拒否

(前提)
plugin_push_apps_identifyイベントで、subscribeを取得していることが条件です。
(参考)ウェブプッシュ – Step 2. ユーザーから通知の許可を取得する(及び解除)

(1)イベントの登録

  • 右上の歯車マーク > 使用するユーザーの統計値 を選択
  • 新規作成 から、ユーザータグのウェブプッシュ通知許諾(subscribe)に関するイベントを以下のように登録します。
    • すべての期間 > plugin_push_apps_identify > subscribe の 最新の値
      (イメージ)

(2)チャートの作成

  • 歯車マーク > チャートの新規作成  > ユーザーの統計値 を選択します。
  • 対象のユーザーの統計値では、(1)で登録したイベントをプルダウンから選択します。
  • 区分に以下の例のようにtruefalseを設定します。
    (イメージ)

  • 保存するで保存します。

以上で、以下のようなチャートが作成されます。