接客サービスを表示 > クリック > ゴール というファネルを作成し、どんなユーザーがCVしたか/途中で離脱したか、を分析することが可能です。

ファネルを作成する

(1)ステップセグメントの登録

  • 歯車マーク > ステップセグメントの管理 を選択します。
  • 新規作成 > ステップを追加 から、接客サービスの表示>クリック>ゴール(この場合は購入を例とします)のステップを以下のように登録します。
    • ステップ名を入力し、接客サービスを表示を選択、条件を追加から 接客サービス名 が (特定の接客サービス名) に等しい と設定します。
    • ステップを追加してステップ名を入力し、接客サービスをクリックを選択、条件を追加から 接客サービス名 が (特定の接客サービス名) に等しい と設定します。
    • ステップを追加してステップ名を入力し、購入を選択します。(購入イベントが発生しているという条件になります。) 条件を追加から詳細な条件を追加することも可能です。
    • ステップに設定した順で計測するにチェックを入れます。
    • 全ステップ到達した期間は、日/時間/分/秒単位で指定したい場合に、チェックをいれて入力します。設定しない場合には、解析期間内に全ステップ到達したかどうかで判定します。

(2)ファネルの作成

  • 歯車マーク > チャートの新規作成  > ファネル を選択します。
  • 対象のステップセグメントでは、(1)で登録したステップセグメントをプルダウンから選択します。
  • チャート名を入力し、保存するで保存します。
    以上でファネルの作成は終了です。

CV/離脱ユーザーの分析

ファネルでは、各ステップに到達したユーザーや歩留まりしているユーザーを絞り込むことが可能です。
(例)
not 接客サービスをクリックで接客サービスを表示したがクリックしなかったユーザーを絞り込み
not 購入で接客サービスをクリックしたが購入しなかったユーザーを絞り込み
before 購入で接客サービスを表示したが購入しなかったユーザーを絞り込み

絞り込み対象を変えて各チャートの数値を見たり、左側のユーザー一覧で具体的なユーザーを見たりすることで、分析をしていきます。