ストアの「ルーレットで3種の当たりクーポンをプレゼント」の設定手順を以下に示します。

【設定手順】

  1. ストアより「ルーレット形式で3種類の当たりクーポンをプレゼント」をインストールします。
    接客サービスが2種類インストールされます。

    • くじ抽選用:ルーレット形式で3種類の当たりクーポンをプレゼント_v1.2
      • 必須:接客サービスの中に3つアクションがあり、「抽選1等」「抽選2等」「抽選3等」の3種類が存在します。
    • あたり用バッチ:ルーレット形式で3種類の当たりクーポンをプレゼント(あたり用バッチ)_v1.2
      • 任意:「バッチ1等」「バッチ2等」「バッチ3等」の各対象者に対して再度当たり結果(クーポンコード等)を表示したい場合に設定します。
  2. アクション内容の編集

    • リンク先や画像、クーポンコード等の設定を任意で行ってください。
    • クーポン内容(割引金額、クーポンコード)と利用期間の設定が必要となります。
  3. アクションの表示率の編集
    • 各アクションの表示率で設定を行います。※仕様上5%単位での設定となります。
  4. (任意)「抽選1等」「抽選2等」「抽選3等」の各対象者に対して、再度当たり結果(クーポンコード等)を表示したい場合
  5. (任意)「抽選1等」「抽選2等」「抽選3等」のそれぞれのセグメントを作成します。
    (例)「1等」の接客サービスをクリックしたユーザーには「lotStart01」のイベントが発生します。
    – イベント名はくじ抽選用の接客サービスのカスタマイズ>scriptにて任意に変更も可能です。
    – デフォルトのイベント名は、「1等(lotStart01)」「2等(lotStart02)」「3等(lotStart03)」 となります。
    – イベント名は任意の名称に変更可能ですが、イベント名に設定できるのは英数字のみとなっておりますのでご注意ください。

  6. (任意)各接客サービス設定時の対象ユーザーの選択で1で作成したセグメントを設定する。(配信ページ、公開設定は任意となります。)

    ※あたり結果(バッチ)の表示は、接客サービスをそれぞれ設定する必要がございますのでご注意ください。
    ※キャンペーンを複数開催する(同時開催含む)場合には、クリック時に発生するイベント名(デフォルト lotStart01-03)を変更することで重複せず利用することが可能です。クリック時のイベント名は、くじ抽選用:ルーレット形式で3種類の当たりクーポンをプレゼントのアクション編集画面より変更が可能できます。

  7. 配信を開始(事前に必ずテスト配信を行ってください)
    • 公開設定のタイマー設定を利用し、各日にちの公開時間をセットすることを推奨します。