Cookie情報取得用のスクリプトテンプレートを接客サービスで配信することで、Cookieに保存している情報を計測することができるようにます。ユーザーIDや属性情報をCookieに保持している際に、ユーザーに紐付けてデータを計測できます。

利用するテンプレート

テンプレートの「スクリプト」に保存されている以下のテンプレートを選択します。

機能について

  • サイト上のクッキーを取得して、_cookie_dataイベントをKARTEに送信するシンプルな機能です
  • 設定項目
    • クッキー名:取得するクッキー名を入力します。特にエスケープ等の処理はされないので保存されている文字列をそのまま指定します。(httpOnly属性が付与されているものは取得できません)
    • KARTE上のデータ名:送る値のフィールド名を指定することができます。指定しない場合はクッキー名がそのまま使われます。すでに利用しているイベント名などを指定しないようにご注意ください。
    • Base64デコードする:クッキーの値がBase64エンコードされている場合は、チェックを入れるとデコードした値を送信します。/_に、+_になっているWeb Safe Base64にも対応しています。

Cookieから情報を取得する接客サービスを配信する際のポイント

前提として、当スクリプトで取得できるCookieは、自社ドメイン属性を持ったCookie情報に限定されています。

例:アクセスしているページがhttp://karte.io の場合
取得できるCookieは、karte.ioまたは、admin.karte.ioなど、karte.ioとそのサブドメインのみ

また、Cookieの付与にパス属性が指定があされているる場合も、該当のパス以下でないと取得できないためご注意ください。

こちらのスクリプトの配信は、通常の接客サービスと同様に行います。セグメントを選択し、テンプレートを選択する際にこのCookieから情報を取得するテンプレートを選択頂くだけです。ルールに合致するページにてスクリプトが配信されます。全ページ、全ユーザーに配信していても問題ございませんが、意図しないタイミングでのイベント発生が増えてしまいますので1セッションに1回だけ配信されるように絞り込むなどの指定をすることもお勧めいたします。

配信ページの指定にて、セッション内のPV数が1に等しい、といったルールを追加することで1セッションに1回だけ配信するということも可能です。

取得したCookie内の値をセグメントで利用する

  • Cookieから情報を取得する接客サービスを配信してください。
  • タグ・イベント設定のページで _cookie_data というイベントが表示されていることをご確認ください。
  • セグメントを作成してください。(_cookie_data というイベントが計測されていない場合、セグメント作成ができません)
    例えば、「取得したクッキー情報がある値と等しいユーザー」のセグメントを作成する場合は、以下のように設定してください。
    すべての期間 クッキー情報 (フィールド)最新の値(任意の値) に等しい