カート関連情報を計測(カート落ち/カート内金額)にご案内のように、カート内情報がKARTEに送信されている場合、以下の方法でカート落ちユーザーをセグメントすることができます。

セグメント設定例

  • 現在のセッションでカート内に未購入商品のあるユーザー
    現在のセッション|cart|status|の最新の値|がtrue|に等しい
  • 前回のセッションでカート内に未購入商品のあるユーザー
    前回のセッション|cart|status|の最新の値|がtrue|に等しい

上記設定のセグメントを接客サービスの配信対象ユーザーとすることで、前回のセッションでカート落ちしているユーザーの再来訪セッションで配信を行うことができます。

  • カート内に未購入商品があるままサイトを離脱しn日以上経過しているユーザー
    全ての期間|cart|status|の最新の値|がtrue|に等しい
    かつ
    全ての期間|cart|date|の最新の値|がn日前まで

上記設定条件へのユーザーの合致判定は、n日以上経過日に再来訪したタイミングで行われます。

前回セッションのカート落ちユーザーの再来訪時に未購入商品がある旨をリマインドする接客サービスの設定例

上記セグメント設定例2のセグメントを配信対象ユーザーとし、再来訪時に通知タイプのテンプレートで未購入商品がある旨お知らせする接客サービスを作成します。

なお、カートタグでカート内商品の商品名、画像URLなどの情報が取得できている上で、アクション内の変数を利用し、通知に、最後にカートに入っていた商品(1点のみしか表示できない制限はあります)を動的に表示するよう設定ができます。
変数の利用方法についてはこちらのサポートサイトをご参照ください。

< 設定例 >
例えば、テンプレートIDB000064(画像+テキスト)を利用した場合、以下のような設定となります。

__________2017-04-20_19.33.37.png

操作するのは画像部分と詳細文部分のカスタマイズ > HTML画面と、変数設定画面です。

Step 1:カート内に入っていた商品情報のうち最新の商品画像を画像にする

HTML編集前:
<div class="karte-temp-mainvisual"><img src="#{mainvisual}" alt="#{mainvisual_alt}" /></div>

HTML編集後:
<div class="karte-temp-mainvisual"><img src="[[cart_img]]" alt="#{mainvisual_alt}" /></div>

※カートタグ(cart)で取得しているカート内商品画像URL(cart_img)をアクション上の変数(ユーザー情報の埋め込み設定)でcart_imgと定義

__________2017-04-20_19.36.40.png

Step 2:カート内に入っていた商品情報のうち最新の商品名を詳細文に入れる
(「商品名が未購入です!」の文言とする時)

HTML編集前:
<div class="karte-temp-description">#{description}</div>

HTML編集後:
<div class="karte-temp-description">[[cart_name]]が未購入です!</div>

※カートタグ(cart)で取得しているカート内商品名(cart_name)をアクション上の変数(ユーザー情報の埋め込み設定)でcart_nameと定義

__________2017-04-20_19.37.00.png

Step3:クリック時のリンク先をカート内に入っていた商品ページにする

HTML編集前:
<a class="karte-temp-card" href="#{link}"></a>

HTML編集後:
<a class="karte-temp-card" href="[[cart_url]]"></a>

※カートタグ(cart)で取得しているカート内商品URL(cart_url)をアクション上の変数(ユーザー情報の埋め込み設定)でcart_urlと定義

かご落ちメールやかご落ち商品のポップアップを実施する場合は、以下のサポートページをご参考ください。

かご(カート)落ちメールを実施する
かご落ち商品のポップアップ通知を実施する