特定の接客サービスを受けたユーザーを配信対象/対象外とするには、該当するセグメントを作成し、対象ユーザーの設定にてそのセグメントを指定/除外します。その際のセグメントの作成方法は下記のいずれかとなります。

  1. 特定の接客サービスを受けたことをフィルタイベントとして設定し、セグメント作成後で対象ユーザーの選択で制御
  2. イベントを作成せずに特定の接客サービスを受けたユーザーのセグメントを作成

注意事項
1.の場合、セグメントに合致するユーザーはこのイベントを作成した後からカウントされます。イベント作成以前に合致する行動を取っていたユーザーは含まれません。

イベント作成以前に特定の接客サービスを受けたユーザーについては2.でセグメントできますが、過去に特定の接客サービスを受けたことがあっても上位30件/直近30件に含まれていない場合は対象範囲にふくまれせん。

特定の接客サービスを受けたことをフィルタイベントとして設定し、セグメント作成後で対象ユーザーの選択で制御

  1. 特定の接客サービスを受けた際に任意のイベントを発生させる(フィルタ)
    特定の接客サービスをユーザーが受けた時に任意のイベントを発生させるには、フィルタの機能を使います。フィルタの設定方法についてはこちらのサポートサイトをご参照ください。
    例:testという接客サービスを受けたイベントが発火するように設定する
    __________2017-07-10_16.17.16.png
  2. 特定の接客サービスを受けたユーザーのセグメントを作成する
    1で作成した任意のイベントが1回以上発生したというセグメントを設定します。赤枠の中には1で作成した任意のイベント名を指定ください。
    __________2017-07-10_16.28.14.png
  3. 対象ユーザーの選択をする
    2で作成したセグメントを対象ユーザーで選択する。

イベントを作成せずに特定の接客サービスを受けたユーザーのセグメントを作成

testいう接客サービスを受けたユーザーのセグメントを作成いただくには以下のような設定となります。

__________2017-07-10_12.30.10.png

「上位30件」の箇所については「直近30件」の指定でも問題ございません。具体的な条件の定義についてはこちらをご確認ください。