特定のURLのページを訪問しているユーザーをセグメントする場合、以下の順番に設定をします。

  1. フィルター機能を使い、特定のURLをユーザーが踏んだ際にイベントを発生させます
  2. そのイベントの発生があったユーザーをセグメントします

1. 特定のURLをユーザーが踏んだ際に任意のイベントを発生させる(フィルターイベント)

特定のURLをユーザーが踏んだ時に任意のイベントを発生させるには、フィルターイベントの機能を使います。
フィルターイベントの設定方法についてはこちらのサポートサイトをご参照ください。

例:/campaign/を含むページでイベントが発火させる

フィルターイベントの設定画面は以下のように条件を指定します。

計測タグ 閲覧ページのパス が /campaign/ を含む(部分一致)

例:対象のページが複数ページあり、どのページかが閲覧された時に同一のイベントを発生させる

1つのフィルターイベント内で、複数ページ分のパスを指定します。

例えば、/campaign/または/item/の閲覧時にイベントを発生させる場合、フィルターイベントの設定画面は以下のように条件を指定します。

計測タグ 閲覧ページのパス が /campaign/ /item/ のどれかと一致する

例:対象のページが複数ページあり、それぞれのページで別のイベントを発生させる

フィルターイベントを対象のページの個数だけ、別々に作成いただく必要があります。

2. 特定のページを見たユーザーのセグメント方法

1のフィルターイベント設定で作成したイベントについて、それが発生したというセグメント設定をします。

例: 対象のページを1度でも参照したユーザーをセグメントする

/campaign/を含むページを見たときにview_campaignイベントを発生させるフィルターを設定していたとします。

そのとき、/campaign/を含むページを1回以上見たユーザーをセグメント化する場合は、以下の条件のセグメントを追加します。

すべての期間 view_campaign date の 送信回数 が 1 以上

例: 対象のページを2回以上参照したユーザーをセグメントする

「対象のページを1度でも参照したユーザー」と同様、/campaign/を含むページを2回以上見たユーザーをセグメントする場合は、以下の条件のセグメントを追加します。

すべての期間 view_campaign date の 送信回数 が 2 以上

※任意のイベントを作成した後から、設定したページを訪れたユーザーがカウントされます。その前の履歴から遡ってカウントはされない点ご注意ください。