KARTEを使って実施できるウェブ接客のシナリオ事例です。各事例には必要なセグメントの準備、セグメントや配信ページの例も掲載しています。それぞれのシナリオにあった接客アクションを作成して、以下の事例を参考にして設定してみてください。

カート内の合計金額を見てあと「もう少しの購入で送料無料」のご案内

例えば、5,000円以上で送料無料になるサイトで、お客様のカート内投入金額が4,500円だったとするとあと500円の何かを購入していただければ、サイト側は売り上げが向上しお客様は送料が無料になります。カート内の金額を計測することで、こういった状況のお客様に対して、「もう少しの購入で送料が無料になります」というご案内を自動的に実施できます。ご案内にあわせて比較的安価で購入しやすいアイテムページのリンクをつけてあげるのも親切な接客サービスです。購入手前であと一つ購入してみようか、という気持ちになってもらえるとお客様1人あたりの売り上げ単価向上にもつながります。

こちらの施策を実施することで購入単価が30% – 40%向上した事例もあります。

[必要な準備]

  • カスタムイベントタグの設置
  • セグメント
    • カート内合計金額が4,000円〜5,000円
    • すべての期間 > in_cart_price > 最新の値 > 4,000 > 以上
    • すべての期間 > in_cart_price > 最新の値 > 5,000 > 以下

[設定サンプル]

  • 対象ユーザー
    • ビジター・メンバー
    • カート内合計金額が4,000円〜5,000円
  • 配信イベント
    • カートページで表示(カートページのURLのパスを指定)

ストア施策事例

接客シナリオ:送料無料までの差分金額と該当商品をレコメンド