サイト上に簡単にお気に入り機能を導入することができます。
以下の2つのテンプレートを利用して接客を作成します。
※2つの接客サービスを作成します

  • お気に入りボタン
  • お気に入りアイテムリスト

利用の前提条件

  • サイト上からopengraphで指定されているog:url, og:title,  og:image を 利用するため、それらがサイト上から取得できることが前提です。
  • 上記がないサイトでの利用の場合はサポートチームへお問い合わせください。

提供しているテンプレート

2つのテンプレートを使ってシナリオを実現します。

  • 「お気に入りボタン」
    Webサイト上のアイテムページへのお気に入りボタンの埋め込みを行うためのテンプレートです。ボタン押下時に対象のアイテムページの情報を取得します。
  • 「お気に入りアイテムリスト」
    お気に入りボタンでクリップしたアイテムを一覧で表示するためのテンプレートです。

お気に入りボタンのテンプレート設定方法

テンプレートの編集

  1. サイト上のCSSセレクタで埋め込み箇所を指定していただきます
  2. 指定箇所に、KARTEタグが読み込まれたあとにサイト上にボタンが追加されます

テンプレートの仕様

  • ページの要素がすべて表示された直後にKARTEタグが呼び出されるため、ユーザーがページを開いてからボタンが表示されるまで時間差があります。
  • ボタンを押すと、そのページの og:url、og:title、og:image を取得し、_favorite_itemsイベントをKARTEに送信します。

    _favorite_items: {title: String
    image: String
    url: Srtring
    }

  • ボタンを押した後は、「お気に入り登録済み」の状態となります。

  • 「お気に入り登録済み」から、登録を解除することやお気に入りしたアイテムの削除はできません。
  • ページリロード時、すでに登録済みのアイテムページであれば登録済みの状態で表示されます。

お気に入りボタンの接客サービス配信時の注意点

  • お気に入りボタンテンプレートが配信されたページの情報を取得して、お気に入りアイテムとして保存するため必ず、アイテムページだけに配信するように配信ページでの設定をお願い致します。

お気に入りアイテムリストのテンプレート設定方法

テンプレートの仕様

  • 最初は、最小化された状態でアイコンが表示されて、アイコンをタップするとお気に入りしたアイテム一覧が見えるような形になります。
  • お気に入りのアイテム件数が増えてくるとスクロールして表示されるようになります。
  • 表示は最大30件(ユーザーがお気に入りボタンを押した直近30件のアイテム)までとなっております。

テンプレートの配信イメージ

  • 最小化時

  • 最大化時

お気に入りアイテムリストの接客サービス配信時の注意点

  • カートや決済ページなど、不必要なページ以外は全ページで配信をすることを推奨致します。
  • 基本的には常にサイトに常駐する形で「アクセス毎」で配信することを推奨いたします。

お気に入りボタンの有無でABテストをしたい時

お気に入り登録が可能な状態(お気に入りボタン有)の時と、ないとき(お気に入りボタンなし)でABテストを行いたい場合の設定方法と制約をご説明します。

設定方法

1. お気に入りボタンの配信に未実施案を設定
お気に入りボタンを配信する接客サービスのアクションに、未実施案を追加します。

2. お気に入りボタンの配信があったユーザーをセグメント
下記のサポートサイトの手順に沿って、お気に入りボタンの配信用接客サービスの配信を受けたユーザーをセグメントします。

特定の接客サービスを受けたユーザーを配信対象/対象外とする

※一度もお気に入りボタンを配信していない状態の場合セグメントの選択肢に接客サービス名が上がってこないため、その場合は一度テスト配信を行ってからセグメントの作成を行ってください。

3. お気に入りボタンの配信があったユーザーにのみアイテムリストを配信する
上記手順にて作成したセグメントを、アイテムリスト表示の接客サービスの配信対象ユーザーとします。
これにより、ボタンの配信時にABテストのためのコントロールグループの割り振りが行われ、ボタンを配信したユーザーにのみアイテムリストを表示する様制限できます。

計測に関する注意点

コントロールグループの調整をお気に入りボタンの配信用接客サービスで行うため、ABテストの効果計測はお気に入りボタンの配信有無でのみ行われます。
アイテムリストの表示有無の差による効果の差を計測し評価することは現状の仕様ではできません。