【注意:2018/05/21】
現在、メールの「遅延配信機能」については、機能の改修を行なっているため、基本的には新規のご提供を停止しております。ご理解とご協力をお願いします。
なお、2018年秋頃の提供再開を予定しています。


会員登録後のWebサイトへの再来訪やサイト内の回遊を増やす目的で、新規会員登録をしたユーザーに対して、ステップメールを配信する手順を説明します。
ここでは、

  • 会員登録完了後のthanksメール
  • 会員登録から1日後のフォローメール①
  • 会員登録から3日後のフォローメール②

という3ステップのメール配信を行う方法をご紹介します。

________2017_07_20_16_26.png

事前準備

会員登録をトリガーにステップメールを送るために、会員登録(=signup)イベントの送信をする方法は以下の2つがあります。

(1)新規会員登録のカスタムイベントタグを設定する
新規会員登録時にイベント発火できるようにするため、カスタムイベントタグを設定します。
詳細はこちらを参照してください。

(2)フィルターイベントを作成してイベントを送信する
会員登録完了ページのURLを計測タグで取得している場合には、フィルターイベントを作成してイベントを送信することができます。
詳細はこちらを参照してください。

会員登録完了後のthanksメールを作成する

接客サービスの作成で、会員登録完了後のthanksメールを作成します。

対象ユーザー

  • 全員に配信
  • 会員登録後のユーザーマージのタイミングで、メンバー/ビジターの限定はしない
  • セグメントを絞り込みたい場合にはセグメントを設定

アクション

  • HTMLメールコンテンツを作成

対象イベント

(1)新規会員登録のカスタムイベントタグを設定した場合

  • 配信タイプ:イベント応答
  • 遅延配信の設定:なし
  • 対象イベントの設定:会員登録 > date > 存在する

(2)フィルターイベントを作成してイベントを送信した場合

  • 配信タイプ:イベント応答
  • 遅延配信の設定:なし
  • 対象イベントの設定:フィルターイベントと同じ設定

公開設定

  • 同じユーザーへの配信回数:ユーザー毎に配信

会員登録から1日後のフォローメール①を作成する

接客サービスの作成で、会員登録から1日後のフォローメール①を作成します。

対象ユーザー

  • 全員に配信
  • 会員登録後のユーザーマージのタイミングで、メンバー/ビジターの限定はしない
  • セグメントを絞り込みたい場合にはセグメントを設定

アクション

  • HTMLメールコンテンツを作成

対象イベント

(1)新規会員登録のカスタムイベントタグを設定した場合

  • 配信タイプ:イベント応答
  • 遅延配信の設定:1日
  • 対象イベントの設定:会員登録 > date > 存在する

(2)フィルターイベントを作成してイベントを送信した場合

  • 配信タイプ:イベント応答
  • 遅延配信の設定:1日
  • 対象イベントの設定:フィルターイベントと同じ設定

公開設定

  • 同じユーザーへの配信回数:ユーザー毎に配信
  • 配信スケジュール:任意の配信時間を設定(例 8:00〜20:59)

この場合にメール配信されるタイミングは、トリガーとなるイベントが発生してから1日後(24時間後)以降の、配信スケジュールのタイミングです。
(例)

  • 会員登録イベント発生日時:1月1日23時00分
  • 遅延配信の設定:1日
  • 配信スケジュール:毎日8時00分〜20時59分
  • 配信タイミング:1月3日8時00分

※内部処理のため実際に配信されるタイミングには若干の誤差はありますが、わかりやすい例示のためにこのような記載をしております。

会員登録から3日後のフォローメール②を作成する

接客サービスの作成で、会員登録から3日後のフォローメール②を作成します。

対象ユーザー

  • 全員に配信
  • 会員登録後のユーザーマージのタイミングで、メンバー/ビジターの限定はしない
  • セグメントを絞り込みたい場合にはセグメントを設定

アクション

  • HTMLメールコンテンツを作成

対象イベント

(1)新規会員登録のカスタムイベントタグを設定した場合

  • 配信タイプ:イベント応答
  • 遅延配信の設定:3日
  • 対象イベントの設定:会員登録 > date > 存在する

(2)フィルターイベントを作成してイベントを送信した場合

  • 配信タイプ:イベント応答
  • 遅延配信の設定:3日
  • 対象イベントの設定:フィルターイベントと同じ設定

公開設定

  • 同じユーザーへの配信回数:ユーザー毎に配信
  • 配信スケジュール:任意の配信時間を設定(例 8:00〜20:59)

この場合にメール配信されるタイミングは、トリガーとなるイベントが発生してから1日後(24時間後)以降の、配信スケジュールのタイミングです。
(例)

  • 会員登録イベント発生日時:1月1日23時00分
  • 遅延配信の設定:3日
  • 配信スケジュール:毎日8時00分〜20時59分
  • 配信タイミング:1月5日8時00分

※内部処理のため実際に配信されるタイミングには若干の誤差はありますが、わかりやすい例示のためにこのような記載をしております。