ストアの「動画を利用したプロモーションで、情報伝達力を向上」を利用すると動画の再生時間、再生回数、再生終了回数の数値を取得できます。

送信されるイベント名

動画を再生( _movie_play)
動画を再生した際に、1回だけ送信されます。
自動再生の場合でも送信されます。

動画再生時間(_movie_playtime)
動画を見終わったり停止したタイミングで送信されます。
ブラウザ依存になりますが、再生中にタブを消した場合でも送信されます。

__________2017-02-27_10.40.25.png

  • campaign_id:接客サービスのID
  • shorten_id : 接客サービスのアクションID
  • seconds:今回の再生時間(秒)
  • total_seconds:今回の接客での累計再生時間(秒)

動画を再生して、10秒の時点で止めたタイミングで、{seconds: 10, total_seconds: 10}のイベントが送信されます。
動画を再開し、30秒の動画完了まで見終わると、その時点で{seconds: 20, total_seconds: 30}のイベントが送信されます。
巻き戻して見たり、繰り返し再生等を行い、動画の時間より長く見た場合は、total_secondsは動画の時間より長くなります。

動画再生完了( _movie_finish)
動画を最後まで見終わった場合に送信されます。