セグメント 顧客分析 購買促進

概要

  • 指定した期間内の最新購入日(Recency)、購入頻度(Frequency)、購入金額(Monetary)の
3つの指標から、ユーザを分類します。
  • ロイヤルユーザや新規顧客などの顧客のセグメントを分析して、購買促進の施策に繋げることが出来ます。

出力項目

列名 内容 詳細
user_id ユーザID KARTEで認識されたユーザIDです。
recency 最新購入日 指定された期間内の最新購入日によって以下のように設定されます。

1〜30日の場合:30日以内
31〜60日の場合:60日以内
61〜90日の場合:90日以内
91〜120日の場合:120日以内
121〜180日の場合:180日以内
181〜360日の場合:360日以内
それ以外:1年以上休眠

frequency 購入頻度 指定された期間内の購入頻度によって以下のように設定されます。

7以下の場合:購入頻度の値
8以上の場合:Loyal user

monetary 購入金額 指定された期間内の合計購入金額によって以下のように設定されます。

1000以下の場合:rank1
2000以下の場合:rank2
3000以下の場合:rank3
4000以下の場合:rank4
上記以外の場合:rank5

設定方法

  • SQL冒頭の変数設定の欄にある 開始日付終了日付 を任意の値に変更します。
  • 終了日付開始日付 より大きい必要があります。
-- 変数設定
{% set startDate = "20181203"%} -- 開始日付を指定
{% set endDate = "20181203"%} -- 終了日付を指定