購買分析 サイトパフォーマンス

概要

  • 指定された期間における日毎の購入回数、総購入金額、総購入点数を表示します。
  • アクセスの多い商品ページの特定や、記事毎のページビューの比較など、サイトのアクセス解析に活用することが出来ます。

出力項目

列名 内容 詳細
data 日付 集計対象の日付です。
buy_count 購入回数 購入された回数の合計値です。
sum_revenue 総購入金額 購入金額の合計値です。
sum_quantity 総購入点数 購入点数の合計値です。

設定方法

  • SQL冒頭の変数設定の欄にある 開始日付 , 終了日付 を任意の値に変更します。
  • 終了日付開始日付 より大きい必要があります。
    -- 変数設定
    {% set startDate = "20181203"%} -- 開始日付を指定
    {% set endDate = "20181203"%} -- 終了日付を指定
    

活用事例

Googleデータポータルによる見える化

  • クエリの抽出結果をGoogleデータポータルと連携することで、購買状況の推移を簡単に可視化することが出来ます。

関連リンク

KARTE DatahubとGoogleデータポータルを連携してクエリ結果を可視化する