KARTEレコメンドを活用して、サイト上に商品軸のレコメンドを表示する方法について説明します。

  • 商品マスタがDatahubにインポートされていることが前提になります。

全体の流れ

クエリの設定を行う

  • Datahub管理画面→「クエリ」画面に遷移します。
  • 左上の「作成」→「コレクションから作成(β)」を押下
  • 全てのコレクションから「商品軸のレコメンド」を選択
  • クエリ2行目〜6行目の変数設定を変更する
    • period_of_days:レコメンドの抽出期間を指定(デフォルトは60日間)
      • ※期間を伸ばすとその分クエリの実行時間が長くなる可能性があるので、基本的には変更しないことを推奨しております。
    • api_key: プロジェクトのAPIキーを入力
    • dataset_name:作成したデータセット名を入力
    • dataset_name:作成したデータテーブル名を入力

  • 右上の「クエリを実行」して結果が返ってくるか確認します

アクションテーブルを作成する

  • グローバルメニューのアクションテーブル画面右上の「作成」→「空のテーブルを作成」をクリック
  • 以下の設定を行います。
項目 内容
テーブル名 任意ですが、今回は itembase_recommend と指定
スキーマ指定 クエリ結果のカラムを指定します
権限 今回は参照のみなので「ウィジェットからの参照」にチェック

アクションテーブルにクエリ結果をエクスポートする

  • グローバルメニューのジョブフロー画面右上の「作成」をクリック
  • ジョブ設定画面から以下を設定し、右上の「保存して完了」をクリック

ジョブの設定

項目 内容
ジョブ名 商品軸のレコメンド結果をアクションテーブルへ
ジョブタイプ データテーブルからインポート
エクスポート元 先ほど作成したクエリ結果
エクスポート先 先ほど作成したアクションテーブルを選択

実行方法を選択

  • 「スケジュール実行を有効にする」にチェック
  • 「繰り返し実行を有効にする」にチェック
  • 実行頻度の設定を行う
    • 連携頻度は週次程度を推奨しています。

ジョブフローの設定

  • 「ジョブ実行終了後にアーカイブ」チェックなし
  • ジョブフロー名:任意
    • ジョブが一つの場合は「先頭のジョブ名を流用」するのを推奨しています。
  • 右上の「今すぐ実行」をクリックするとジョブが実行されます。
    • ※ジョブの終了までに5分ほど時間がかかります。
  • ジョブが「実行済み」になっていることを確認します。

アクションテーブルクエリを作成する

  • 作成したアクションテーブルを選択し、画面右の「作成」をクリック
  • 以下の設定を行う
    • クエリ名:任意ですが、今回はrelated_items_with_expireと設定
    • 抽出条件:
      • Limit:20
      • Filter:
        • target = #{target}
        • last_modified > #{last_modified}
      • Sort:key, 昇順

これでアクションテーブルクエリの作成は完了です。

接客サービスを設定する

  • 接客サービス作成画面に遷移して、レコメンド用のテンプレートを選択します。
  • 接客サービス詳細画面の「ベーシック」から以下を設定します。
    • アクションテーブル:
      • アクションテーブル名:上記で作成したアクションテーブルを指定
      • アクションテーブル名:上記で作成したアクションテーブルクエリ名を指定
    • フィルタリング:
      • フィルタリングしたい条件にチェックを入れる

設定は以上で完了になります。
あとは従来の接客サービスと同じフローで配信設定を行ってください。