ターゲット配信を利用すると、Datahubに溜まっているデータから自由に配信対象者を抽出して、メールやLINE等でコミュニケーションを行うことが可能です。本ページではそのやり方についてサンプルケースを元に説明します。
※ターゲット配信はKARTE TALKの「ターゲット配信」機能を利用します。

サンプルケース

  • 配信対象者のリストをDatahubに取り込んでメールを送りたい

全体の流れ

配信対象者リストを準備する

配信対象者リストをCSVファイル形式で準備します。

※user_idではなくemailアドレスのみを連携してメール送信することも可能ですが、このチュートリアルでは、user_idを使った配信の例を紹介します。

  • user_idをkeyとしたファイル形式にしてください。
  • ヘッダーはuser_idにしてください。
    • ※ ユーザータグで計測しているuser_idとcsvファイルのuser_idのデータ型が異なる場合については、データ型の指定が必要です。
    • 例)ユーザータグで送信されているuser_idが、文字列型(string)で、取り込むcsvファイルのuser_idが数字のみで構成されている場合など
    • 詳細については、以下のドキュメントをご参照ください。

データセットにリストをインポートする

  • データセットでテーブルを作成する
  • KARTE Datahub > データセット 画面に遷移

  • 「作成」 > 「テーブルを作成」をクリック

  • テーブル名、追加先データセットを指定し、「作成する」ボタンをクリック

  • 「CSVファイルからインポート」を選択し、作成したファイルをアップロード

  • CSVファイルのデータが取り込まれます

クエリを実行してユーザーを抽出する

  • 「クエリを作成」をクリック

  • デフォルトで表示されているクエリを利用し、「クエリを実行」をクリック
    • ※取り込み件数が1,000件を超える場合は、デフォルトで表示されているクエリ末尾のlimit 1000を削除してください。

  • 「保存」をクリックしてクエリを保存する

配信設定の編集をする

  • 「配信設定の編集」をクリック

  •  「対象のフィールド」を指定

接客サービス作成フローの対象ユーザー設定をする

  • 接客サービス詳細画面の「配信モード」設定で「ターゲット配信」を選択

  • 「対象ユーザー」で「DataHubクエリ」を選択し、「使用するクエリ」で保存した該当のクエリを指定

接客サービスを配信する

  • あとは通常の接客サービスフローと同じです。