※本連携には事前にAudienceOne自体のデータ利用契約が必要です。

概要

Public DMPであるAudienceOne(以下Aone)と連携することで、下記が実施できるようになります。

  • Aoneで保持するオーディエンス情報をKARTEのユーザー情報に連携
  • Aoneで保持するオーディエンス情報を元にセグメントを作成してユーザーの理解を促進
  • Aoneで保持するオーディエンス情報を元にセグメントを作成して接客配信に活用

※AoneからKARTEにデータを入れ込む方向(Aone⇛KARTE)の連携となります。KARTEデータをAoneに送る(KARTE⇛Aone)連携は対応しておりません。

活用できるオーディエンスデータ種類

  • デモグラフィックデータ(性年代、職業、住居エリア、年収などの人の属性データ)
  • サイコグラフィックデータ(ファッション、旅行、車、保険などのカテゴリ別興味関心データ)
  • カスタムセグメントデータ(Aone情報を活用したオリジナルのセグメントデータ)

※デモグラフィックデータは該当ユーザーのWeb行動から類推した推計データとなります。
※Aone側で作成したカスタムセグメントの一部のみを連携したい(絞り込み)場合は、弊社担当営業もしくはサポートチームまでご連絡ください。別途オプション費用が発生する可能性があります。

注意事項

  • クライアント様側でAudienceOneのデータ利用契約が必要です。事前にご契約とAudienceOne管理画面側の設定が必要となるため、契約前に本プラグインを有効化していても正常に動作しません。詳しくは弊社担当、サポート窓口までご連絡ください。
  • AudienceOne管理画面の設定についてはサポートの対象外となります。ご了承ください。

初期設定

オプションのお申込み受領後、アプリ設定で「AudienceOne連携」が設定されていることを確認してください。
確認ができない(見当たらない)場合は担当営業もしくはサポートチームまでご連絡ください。
設定が確認できた上で下記を行います。

  1. Aoneから取得するイベント(aone_segments_xxx)のパラメータを日本語表記に変換する設定がされていることの確認
  2. Aone属性情報の取得スクリプトの配信
  3. Aone属性情報取得の確認

1.Aoneから取得するイベント(aone_segments_xxx)のパラメータの日本語表記変換設定の確認

KARTE設定アイコンから、「サイト設定」 > 「オプション」 > 「イベントパラメータの表示名設定」を選択してください。
イベントパラメータと表示名設定の中に記述がされていることを確認します。

こちらの設定を基にして、KARTEのセグメント設定画面などでAoneセグメントIDが日本語表記で表示されるようになります。

「イベントパラメータの表示名設定」についての詳細は、下記のドキュメントをご覧ください。
イベントのフィールド表示名をまとめて設定できますか?

2.Aone属性情報の取得スクリプトの配信

  • テンプレート一覧の「スクリプト」にある「AudienceOneセグメント取得」テンプレートを使用します。
  • テンプレート編集画面でお使いのoidを入力してください。

※oidはAoneよりクライアント様毎に発行されている個別IDです。わからない場合、貴社担当のDAC様窓口へお聞きください。

  • 配信ページはセグメントを取得するページを設定し、スクリプトを公開してください。すべてのページで取得する場合は特に配信ページの設定は必要ありません。

3.Aone属性情報取得の確認

実際に配信されたユーザーの詳細画面でAoneセグメントが取得できていることを確認します。
※この段階では日本語変換はされないため、数字が羅列されている状態で問題ありません

セグメント作成例

Aoneの情報を元にセグメントを作成することができます。

  • _aone_segments_demographic(デモグラフィックセグメント)
  • _aone_segments_psychographic(興味関心カテゴリセグメント)
  • _aone_segments_custom(カスタムセグメント)

契約種別によって、最大3種類あるので、必要に応じてセグメント内容を選んで作成してください。

以降、通常のセグメントと同様に活用ができるので接客サービス配信等にお使いいただけます。

Aone側IDの取得

「AudienceOne ID取得」テンプレートを配信することで、「Aoneの属性情報」だけではなく、「Aone側のID」をユーザー情報として取得することができます。Aone側のIDをKARTEで利用する場合は、こちらのスクリプトテンプレートをご利用ください。

※Aoneの属性情報取得には、「AudienceOne ID取得」テンプレートを使ったIDの取得は必要ありません。

関連ドキュメント