このドキュメントでは、API経由でKARTEからLINEリッチメニューを配信する場合の設定方法について記載しています。

前提条件について

KARTEのLINE連携を利用しており、KARTEのプロジェクトにおいてプラグイン設定が完了していることが利用の前提条件となります。

基本仕様について

上述の前提条件を満たす場合、ユーザーへのリッチメニューの配信方法は、LINE Official Account Maneger とKARTEの両方から配信することが可能です。
双方でリッチメニューを配信する場合、KARTEから配信するものが優先されます。
KARTEからは リッチメニューを上書き 、または、KARTEから上書きしたリッチメニューの解除 ができます。
KARTEからのリッチメニューの配信は、 ターゲット配信 または イベント応答配信 により行われます。
KARTEから配信されたリッチメニューは、 リッチメニューの上書き または リッチメニューの解除 をしなければ、当該リッチメニューがユーザーの端末で表示され続けます。

リッチメニューの配信方法

配信手順

  1. 配信に利用するリッチメニューを登録
  2. 接客サービスでリッチメニューを配信

手順.1|配信に利用するリッチメニューを登録

管理画面左袖の紙飛行機アイコンにカーソルを合わせた際に表示される 顧客に合わせる のウィンドウで LINEリッチメニュー を選択してください。
遷移先ページ左上の 作成 ボタンから新規登録します。
※ 一度登録したものの内容変更はできません。

基本情報

タイトル:KARTE管理画面で表示されるものです。
トークルームメニュー:トークルームメニューに表示されるテキストです。
初期表示メニュー:配信したリッチメニューのデフォルトの表示/畳み込み状態を定義します。デフォルト表示とする場合は、 表示する を選択してください。

テンプレート制作

タップエリアの分割タイプを選択してください。

コンテンツ設定

:リッチメニューで表示する画像をアップロードしてください。形式に合わないものはアップロードできません。
各エリアの挙動は URI / メッセージ / postback の3種類から選択可能です。

URI

タップ時に設定したリンク先に遷移します。
リンク に遷移先のURLを指定してください。
リンク概要(optional) はユーザーに配信されません。(メモとしてご利用ください。)
※ KARTEのクリックトラッキングはできません。

メッセージ

タップ時に設定したメッセージがトークルームで送信されます。
エンドユーザーが入力した形になります。
テキスト に送信されるテキストを指定してください。
テキスト ラベル(optional) はユーザーに配信されません。(メモとしてご利用ください。)

postback

タップ時にAPI経由で LINEポストバック イベントが計測されます。
データ で指定した内容が LINEポストバックcontent.postback.data として計測されます。
データLINEポストバックcontent.postback.data で計測したい内容を指定してください。
テキスト ラベル(optional) はユーザーに配信されません。(メモとしてご利用ください。)

登録

すべての項目の入力が終わったら、右上の 作成 ボタンから登録してください。

手順.2|接客サービスでリッチメニューを配信

接客サービスの新規作成

通常の接客サービスの作成フロー同様、作成ボタンをから接客サービスを作成します。
ユーザーに「話しかける」 LINE タイプのアクションを選択してください。
テンプレート名: LINE_richMenu を選択してください。
(配信用のテンプレートはこちらの1種類のみです。)

アクションの設定

アクションの設定では、以下の2つのみが実装可能です。
– 解除する(KARTEから配信しているリッチメニューの解除)
– 手順.1で登録しているリッチメニューの配信

配信モード / 対象ユーザー / 対象イベント / スケジュール

配信モードでは、 イベント応答配信ターゲット配信 のいずれかが指定できます。
それぞれを選択した場合の対象ユーザー / 対象イベント / スケジュールの設定内容については、通常のTalkタイプの接客サービスと同様です。
参考リンク:接客サービスでLINE配信