この連携は、すでにAppsFlyerをご利用のお客様が対象になります。

AppsFlyer連携のプレスリリースはこちら
https://press.plaid.co.jp/data/20180710/

連携をご希望の際は、プレイドまでお問い合わせください。

連携概要

KARTEとAppsFlyerを連携させることにより、KARTEとAppsFlyerで相互にデータ連携をすることが可能です。
AppsFlyer → KARTEへのデータ連携により、アプリへの流入元データに応じて、アプリ起動後の接客をパーソナライズしたり、KARTE → AppsFlyerへのデータ連携により、プッシュ通知やアプリ内メッセージへの反応を含む、より細かなアプリ内の行動データをAppsFlyerの管理画面でレポートとしてみることができるほか、広告配信リスト作成の条件としてご利用いただくことも可能です。

AppsFlyer → KARTEへの連携

できること

  • AppsFlyerで発生したイベント(以降、AppsFlyerイベント)には、インストール/アプリ起動時の流入元の情報が付与されています。これらの情報を使ってセグメントを定義することで、起動前と起動後のコミュニケーションの両方を顧客軸で最適化することができます。
  • KARTE上のユーザー(メンバー / ビジター両方)に対して、 AppsFlyerイベントを紐付けることができます。
  • AppsFlyerイベントを使ったセグメントの作成、接客サービスの配信トリガーの設定が可能になります。

想定される利用シナリオ

  • アプリインストール / アプリの起動のきっかけとなった流入元(Webサイト内の導線や広告キャンペーン等)に応じて、アプリ起動時に表示するアプリ内メッセージを出し分ける
  • アプリインストール / アプリの起動のきっかけとなった流入元(Webサイト内の導線や広告キャンペーン等)に応じて、それ以降に送信するプッシュ通知の内容をパーソナライズする

KARTE → AppsFlyerへの連携

できること

  • KARTEで計測しているウェブまたはアプリでのユーザー行動を、Webhookテンプレートを使ってリアルタイムにAppsFlyerに連携します。
  • 連携されたデータは、AppsFlyerのダッシュボード上でレポートとして見ることができ、また広告配信リストの条件として指定することも可能です。

想定される利用シナリオ

  • KARTEで計測している、ウェブ/アプリの行動データをリアルタイムにAppsflyerに連携し、広告配信リスト作成の条件として利用する

連携に必要な準備、実装

すでに、KARTE for App および AppsFlyer のセットアップは完了していることを前提とします。

AppsFlyer ダッシュボードでの事前準備

  1. 設定>連携済みパートナー>「KARTE」で検索
  2. インテグレーション設定で、KARTEのプロジェクトの「api_key」を入力
  3. Default Postbacks>オプション送信を「Events attributed to any partner or organic」を選択
  4. In-App Events Settingで、KARTEのプロジェクトの「api_key」を入力
  5. In-App Events PostbackをONにし、アプリ内イベント送信オプションを「Events attributed to any partner or organic」を選択
  6. KARTEに連携するイベントを指定する

KARTE 管理画面での事前準備

AppsFlyer連携の有効化設定をプレイド側で行います。

ネイティブアプリでの実装

AppsFlyerイベントと KARTE上のユーザーを紐付けるために、ネイティブアプリの起動直後に「karte_sync」 In-App Event を AppsFlyer SDK を使って送信する必要があります。

以下にサンプルコードを記載します。

iOSの場合

NSString *visitorId = [[KarteTracker sharedTracker] visitorId];

[[AppsFlyerTracker sharedTracker] trackEvent:@"karte_sync" withValues:@{
    @"visitor_id": visitorId
}];

Androidの場合

Tracker tracker = Tracker.getInstance(this, "YOUR_APP_KEY");
String visitorId = tracker.getVisitorId();

Map<String, Object> eventValue = new HashMap<String, Object>();
eventValue.put("visitor_id", visitorId);
AppsFlyerLib.getInstance().trackEvent(context, "karte_sync", eventValue);

以上で、初期に必要な設定は完了です。

AppsFlyerイベント <-> KARTEイベントの対応

イベント名とパラメータの対応表

AppsFlyerプラグインによって KARTE に連携される AppsFlyer イベントと、KARTEで発生するイベント名 および パラメータの対応表を以下に記載します。

AppsFlyerイベント KARTEで発生するイベント名 KARTEイベントに設定されるパラメータ 備考
Install _appsflyer_install ※別紙記載のパラメータ
In-app event appsflyer{event_name} ※別紙記載のパラメータ +
AppsFlyer SDK でイベント送信時に設定した Event Value
・{event_name} には AppsFlyer ダッシュボードで設定したKARTEに送信するイベント名が入ります。
・In-app Event の種類に応じて異なる {event_name} が入ります。

※ 別紙: KARTE に送信される AppsFlyer イベントのパラメータ一覧

パラメータについての補足

AppsFlyer イベントで定義されている一部のパラメータは、 KARTE イベントでは異なる名前で連携されます。(KARTE 上で日付型のパラメータとして利用できるようにするため)

AppsFlyer イベントでのパラメータ名 KARTEイベントでのパラメータ名
click_ts click_date
install_unix_ts install_unix_date
timestamp timestamp_date