KARTEとLINEアカウントの連携が完了している場合、ユーザーがLINEのトーク画面にテキストを入力したことをトリガーにしてメッセージを送信することができます。

キーワード応答メッセージの配信ページ設定

接客サービスの「対象イベント」の設定で、「配信トリガー」を追加してください。
「フォームから追加」から、「LINEメッセージ|content.textが|(任意のテキスト)|に等しい」と設定してください。
複数キーワードのうちのどれかと一致する設定にしたい場合は、「に等しい」ではなく、「のどれかと一致する」としてください。

自動応答メッセージの配信ページ設定

ユーザーからのLINEでの問い合わせなどに対して自動応答でメッセージを送信したい場合、下記のように設定することであらかじめ設定したメッセージ内容を自動返信可能です。
接客サービスの「対象イベント」の設定で、「配信トリガー」を追加してください。
「フォームから追加」から、「LINEメッセージ|content.textが|存在する」と設定してください。
上記の自動応答メッセージは、「LINEでユーザーからテキスト入力された」ことをトリガーにした配信設定であるため、1to1での返答をしない旨などを画一的に返答したい場合は、キーワード応答で設定しているキーワードを除外して設定する必要があります。

ご注意点

  • 友だち追加時あいさつ/キーワード応答/自動応答は、LINE@ManagerまたはKARTEのいずれかのみでしか送ることができません。
  • LINE@Managerで友だち追加時あいさつをを設定している場合、KARTEで設定した友だち追加時あいさつは送信されません。
  • LINE@Managerで設定した友だち追加時あいさつ・自動応答メッセージは、LINE Developersで、利用する/利用しないが変更可能です。(「利用しない」に設定するとKARTEで設定したメッセージが配信されます。)