事前確認

  • LINE@の利用は以下の条件に合致されているクライアント様のみご利用が可能となります。
    • KARTEの エンタープライズ契約 をご利用中であること。
    • LINE@アカウントが、LINE社の定める プロ(API)プラン以上 かつ 認証済みのアカウント であること。
  • 上記に該当しない場合はまずはご契約内容の変更を担当営業にご相談ください。

利用開始までのフロー

KARTEのLINE@連携のお申し込み

  • 弊社が指定するフォームから、KARTEオプション利用申込をお願いいたします。
  • オプション利用に係るお見積書・お申し込みフォームは担当営業よりご案内いたします。

LINE社への申請書類記入

  • KARTEに連携するLINE@アカウントをAPI型のアカウントに移行する必要があります。
  • 本移行作業はLINE社によって行われるため、弊社を通してLINE社への申請が必要です。
  • 弊社がお送りする「LINE@連携オプション ヒアリングシート」に必要項目をご記入ください。
  • リリース希望日には、 10営業日以上先の火曜日 のみご指定が可能です。

LINE Developersでアカウントを有効化

  • 上記申請書がLINEに受理されますと、LINE Developersへの招待メールが、上記申請書に記入した担当者に招待メールが送付されます。
  • 招待メールのURLをクリックして後、遷移先のLINE Developersのページでお手元のLINEアカウントを紐付け、有効化してください。

LINE Developers/KARTEプラグイン初期設定

  • LINE Developersの初期設定について弊社スタッフが行います。
  • KARTEプラグイン設定については、貴社にて設定をお願い致します。 → 詳細

リリースチェックリストへの記名・捺印

  • 弊社が用意するリリースチェックリストへの記名・捺印が必要となります。
  • リリース日の3営業日前までにLINEに提出できない場合、API型アカウントへの移行が延期となります。
  • 記名・捺印はご担当者様のもので構いません。  

ご注意点

  • LINE@アカウントの料金プランが、プロプラン/プロプラスプランでKARTEのLINE@連携(LINE Messaging API)を利用する場合、メッセージ・タイムラインの配信数は月額料金内(基本料金+オプション料金)で無制限・固定料金です。
 
    ただし、ビジネスコネクトアカウントは本規定の対象外となります。
  • 有効友だち数 (※)が10万人を超えた場合は、LINE社に連絡の上、プロ(API)プランよりも上位のプランに変更していただく必要がございます。
    有効友だち数 とは、友だち追加数からブロック/友だち解除された数を引いたものの数です。

    • プラン変更を行わなった場合、LINE社によりLINE@アカウントの一部の機能が停止されることがあります。アカウントプランの変更はLINE社にお問い合わせください。
  • KARTE連携前に友だち登録されたユーザーは、メッセージを送ることはできません。
    KARTEとLINEのAPIでの連携が開始された後、API経由でKARTEにLINEのユーザー情報が計測された際に初めてLINEのメッセージ送信が可能となります。
  • KARTEのLINE@連携機能をご利用いただくに際して、LINE@アカウントをAPI型に以降したタイミングで、LINE社の提供する LINE@アプリ 1:1トーク お店トーク は使用できなくなります。
    (1to1でのLINEのやり取りは、KARTEの管理画面で行うことができます。)
  • API型のLINE@アカウントは、LINE@アップデートの対象外とされております。
    なお、こちらの詳細はLINE社により規定されるため、弊社では詳細を把握していないため、LINE社のご担当者様にお問い合わせくださいませ。
  • LINE@アカウントはLINE Beaconには対応しておりません。