LINE連携が完了したら、下記の順序でセットアップします。

plugin_line_identify計測の確認

  • タグ・イベント設定で plugin_line_identify が計測されているか確認しましょう。(未計測の場合は、項目の表示がありません。)
  • タグ・イベントの設定ではこちらのように表示されます。

セグメントの作成

  • LINE送信可能 ID連携完了 ID連携未完了 のセグメントをそれぞれ作成しましょう。
  • ※ID連携:貴社の会員IDとLINE IDの統合

LINE送信可能

  • 「すべての期間|plugin_line_identify|subscribeの|最新の値が|true|に等しい」

    LINEでメッセージ送信可能なユーザーの定義は、こちらのドキュメントをご参照ください。

ID連携完了

  •  「すべての期間|plugin_line_identify|subscribeの|最新の値が|true|に等しい」
  •  「すべての期間|ユーザータグ|ユーザーIDの|最新の値が|存在する」

LINE ID連携未完了

  • 「すべての期間|plugin_line_identify|subscribeの|最新の値が|true|に等しい」
  • 「すべての期間|ユーザータグ|ユーザーIDの|最新の値が|存在しない」

連携フローを整理しましょう(任意)

  • LINE IDと会員IDの紐付けフロー例はこちら

接客サービスの作成

  • 接客サービスでLINE配信を行う方法はこちら

テストセグメントの作成(任意)

  • テストセグメントの作成方法はこちら 

友だち追加時あいさつ|自動応答|キーワード応答などの切り替え(任意)