概要

  • ユーザーとの1to1でのLINEのやり取りではなく、セグメント配信やトリガー配信などを行いたい場合、接客サービスでLINEを送信することで実装することができます。
    • 接客サービスでLINEを送信する場合、通常の接客サービスと同じフローでの作成となります。

接客サービス作成の流れ

配信対象となるセグメントを作成する

接客サービスで利用するセグメントをあらかじめ作成してください。

接客サービス新規作成

接客サービス一覧画面の左上「新規作成」作成フローに入ります。

アクションの設定

『ユーザーに「話しかける」』をご選択ください。

[テンプレートの選択]

テンプレート一覧の「LINE」の項目から該当するものをご選択ください。

[アクションの編集]

必須と表示された項目は必ず記載してください。
必須項目の記載がないと、 TALKメッセージ送信失敗イベント (talk_message_fail) が発生します。

対象ユーザーを設定(セグメントの選択)

選択されたセグメントが付与されているユーザーのみに配信されます。
LINE送信可能(subscribeの最新の値がtrue)については、配信時に自動的に参照されます。

対象イベントの設定[イベントトリガーでの配信]

イベントをトリガーにして配信する場合は、友だち追加任意のキーワードの入力などのユーザーのアクションをトリガーとした配信設定ができます。
配信モードで「イベント応答配信」を選択してください。

トリガーの設定は、対象イベントの設定で[配信トリガーを設定]で条件を追加してください。
ボタンから任意のイベントを指定することができます。

ただし、AND条件で複数種類のイベントを設定することはできません。
plugin_line_identifyイベントとLINE友だち追加イベントを合わせて設定するなど。
同じイベントであればAnd条件の指定も可能です。

[プッシュ配信での配信設定]配信ページ・公開設定

ユーザーのアクションを起点ではなく、プッシュ施策として配信したい場合、配信ページの設定で[プッシュ配信]を選択してください。
配信モードで「プッシュ配信」を選択してください。

スケジュールで、配信日時をご指定ください。

注意事項

Imagemapの接客サービス

LINEのAPIの仕様上、Imagemapの接客サービスを設定する際にactionsの中にはuriまたはmassageしか設定できません。postbackをactionsには設定できません。