KARTE TALK管理画面では、LINEでエンドユーザーと1to1のやりとりをすることが可能です。

目次 - Page Index

送信方法

  • ユーザーに対してLINEメッセージを送信する場合は、メッセージ入力枠の左上の送信プラグインの表示が LINE と表示されていることをご確認ください。
    LINEの Subscribetrue になっていない方(LINEで友達になっていない/ブロックしている)ユーザーには、送信プラグインで LINE を表示できません。

ご注意点

  • KARTE TALKの画面から、リッチメッセージ(1040×1040形式のimagemapなど)やテンプレートメッセージ(ボタン型、カルーセル型など)を送ることはできません。
  • ユーザーに対してやりとりをするオペレーターの 担当 を変更しても、ユーザーからはLINE@アカウントとして見えており、変化はありません。