概要

KARTEのLINEログイン機能を利用することで、KARTEで認識しているユーザーID(user_id/visitor_id)とLINE IDを紐つけることができます。

サイト上でLINEログインの接客サービスを配信する

LINEログインを誘導する接客サービスは基本的に、通常の接客サービスと同様の作成方法となります。
リンク先のURLの項目で[LINE_LOGIN_URL]を設定してください。

※ LINEメッセージを送信する接客サービスではご利用いただけません。

LINEログインした場合のユーザー側の画面遷移

①LINEログインの接客サービスをクリック/タップすると、②LINEの認証画面https://access.line.me/xxxx)に遷移します。
同じブラウザで、LINEログインしたことがある場合、「次のアカウントでログイン」という表示がなされます。
ユーザーがLINEに登録しているメールアドレス/パスワードを入力すると、「ログイン」ボタンが緑色になり有効化されます。
「ログイン」ボタンをクリックすると、③ 同意画面に遷移します。(ここでキャンセル した場合、LINEログインはされません。)
同意するをクリック/タップすると、LINEログインが完了し、元のページに戻ります。
この時点でvisitor_idとの統合が完了します。(ブラウザが、すでにメンバーとして認識されている場合、LINE IDがメンバーに統合されます。)
【ID連携のフロー 例】
自社の会員情報や顧客データ、またはサイト内行動履歴等とLINE IDを紐付けて利用する場合、ユーザーに許諾を取る必要がございます。
ポップアップの表現等は自由に変更することが可能です。

シナリオ例

  • 購入完了ページにLINEログインのポップアップを表示することで、ロイヤリティの高まったタイミングで認証を訴求
  • 会員登録ページにLINEログインバナーのポップアップを表示し、会員登録のサンクスメッセージをLINEメッセージで送信

その他

  • LINEのトーク内でLINEログイン(リッチメニューやLINE@Managerでの一斉送信によるもの)を実装したい場合は、専用のURL Schemeにて実装することが可能です。
    ただし、原則はKARTEの接客サービス機能を利用したLINEログインを推奨しております。
  • URL Schemeは、KARTEに連携しているLINEアカウントがLINEログイン(Webログイン) v2.1に対応している必要があります。
  • URL Schemeの作成方法は現在公開させていただいていないため、ご利用の際は、弊社側での発行が必要となります。
    詳しくは弊社の営業担当にお声がけください。