ナビプラスレコメンドとは

KARTE上でナビプラスのレコメンドを表示することができる機能となります。

プレスリリース

ご利用の流れ

エンタープライズをご利用のお客様のみへの提供となります。

  1. ナビプラスレコメンドを利用している
    まだご利用されていない場合はナビプラス株式会社にてお申し込みをお願いいたします。
  2. プレイドへオプション申し込み
    担当営業もしくはサポートチームにご連絡ください。
  3. プレイド側にてテンプレートを公開
  4. 設定1: レコメンド用接客サービスの配信
  5. 設定2: ユーザーID取得スクリプトの配信

設定1: レコメンド用接客サービスの配信

ナビプラスレコメンドは、設定2で説明する ユーザーID取得スクリプトを配信すると、個人個人で異なる配信をする パーソナライズドレコメンドが可能ですが、ユーザーID連携をしていないケースでも表示することが可能です。そのため、対象ユーザー対象イベントは設定する必要はありません。

パーソナライズしたケースのみ配信したい場合は、設定2で説明する ナビプラスレコメンド用クッキー情報取得ユーザー を作成いただき、そちらを対象ユーザーにご指定ください。

テンプレートの選択

オプションの申し込みが完了しましたらプレイド側でテンプレートを公開させていただきます。
なお、こちらのテンプレートについては、jsonp形式のAPIを利用しております。

アクションの編集

アクションの編集画面で以下の設定を行います。

  1. Naviplus レコメンドドメイン名:ナビプラスレコメンド管理画面で確認できるレコメンドドメイン名を入力(例:xx.snva.jp)
  2. アカウント識別子:ナビプラスレコメンド管理画面の「表示枠 公開設定」 画面 の「API 使用パラメータ値」に記載されているアカウント識別子を入力
  3. 出力デザイン識別子:ナビプラスレコメンド管理画面の「表示枠 公開設定」 画面の 「API 使用パラメータ値」に記載されている出力デザイン識別子を入力(例:20)

アクションの設定が終わりましたら通常の接客サービスの流れと同様に配信ページ、公開設定を選択いただければ配信が可能となります。

設定2: ユーザーID取得スクリプトの配信

ナビプラス側で発行されているレコメンド用ユーザーIDがクッキーに保存されている場合、それをKARTE側に取得することで、パーソナライズレコメンドを使用することができます。

レコメンド用ユーザーIDの取得テンプレートの配信

サイト上のクッキーに保存されているレコメンド用ユーザーIDを取得するため、スクリプト配信を行う接客サービスを作成します。

テンプレートの選択

テンプレートの「スクリプト」の中に「ナビプラスレコメンド用クッキー情報取得」がありますのでこちらを利用してください。

取得する値が保存されたクッキー名を設定します。
ナビプラス側レコメンド用ユーザーID(uid)が保存されているクッキーの名称については、ナビプラス側にご確認ください。
(例: __sna_s1d)

各種設定項目

  • 対象ユーザー: 全員
  • 対象イベント: アクセスごと
  • その他: デフォルト設定のままで大丈夫です

対象ユーザーに関しては、全員のままでも問題はありませんが、すでに取得されているユーザーに対しても再取得しイベントを発行します。そのため、下記のようにセグメントを作成し、対象ユーザーを設定していただくことを推奨しています。

(オプション)セグメントの作成と対象ユーザーの設定

下記のセグメントを作成し、対象ユーザーとして選択します。
「直近7日間」は全期間等でも問題ありませんがユーザーがクッキーを消した後、 新しいクッキーがセットされることも考えられるため、ある程度の期間で再取得する必要があります。

また、取得ユーザーを利用したい場合は、上記と同じセグメントを作成し、最新の値を 存在する に設定ください。

注意:) 上記で設定する_cookie_dataイベントについては、現状では一度 ユーザーID取得スクリプトの配信 を行わないとセグメント設定画面で選択できない形になっています。一度対象ユーザーを 全員で配信をしていただくと、上記のセグメントが設定できます。