概要

Salesforce Sales Cloud上の情報をKARTEのユーザー情報と紐付け、ユーザー情報として表示やセグメント情報に利用することができます。
Salesforce Sales Cloud 連携をするには、Salesforce Sales Cloud をすでに導入している必要があります。また、データの連携にはデータテーブル機能を使用します。データテーブルについては、詳しくはこちらをご確認ください。

導入までの流れ

  1. 下記リンクまたはストアにある「Salesforce Sales Cloud」プラグインにあるお問い合わせボタンよりお問い合わせください
  2. 担当よりご連絡差し上げます
  3. その後、プレイドスタッフにて対象プロジェクトへ「Salesforce Sales Cloud」プラグインと「データテーブル」プラグインをインストールいたします

初期設定

利用を開始するには、「1.Salesforce Sales Cloud上での設定」「2. KARTE上での設定」の2つを行う必要があります。

1.Salesforce Sales Cloud 上での設定

  1. Salesforce管理者アカウントでログインし、設定 > 作成 > アプリケーション > 接続アプリケーションの「新規」をクリック
  2. 下記必須項目の設定を行う。その他の設定は任意。
    • データへのアクセスと管理 (api)
    • ユーザーに代わっていつでも要求を実行 (refresh_token, offline_access)
    • API OAuth設定の有効化にチェック
    • コールバックURL: https://admin.karte.io/oauth2/callback/salesforce を登録
    • OAuth範囲を下記に設定
  3. 上記を保存後、「コンシューマ鍵」と「コンシューマの秘密」をメモしておく。

2. KARTE 上での設定

  1. グローバルナビゲーション > プラグイン設定 > Salesforce Sales Cloud > 詳細設定を開く より下記「Salesforce Sales Cloud プラグイン設定詳細」を参考に設定を行い保存する
  2. 保存後、「つなげる」をクリックしSalesforce Sales Cloud の認証画面へ遷移するのでログインを行う
  3. ログイン後KARTEに戻ってくるので、再度グローバルナビゲーション > プラグイン設定 > Salesforce Sales Cloud > 詳細設定を開くより「アクセストークン」に値が入っているか確認
  4. 「アクセストークン」に値が入っていることを確認後、「定期実行有効化」にチェックを入れて保存

以上にて、Salesforce Sales Cloud と KARTE 両方で行う初期設定が完了。

Salesforce Sales Cloud プラグイン設定詳細

各設定項目について

設定項目 必須/任意 説明
定期実行有効化 必須 デフォルトで毎日1回朝3時にSalesforce上で該当するデータを一括連携する。すべての設定完了後、有効化する。
クライアントID 必須 Salesforce管理画面上の「コンシューマ鍵」を入力
クライアントシークレット 必須 Salesforce管理画面上の「コンシューマの秘密」を入力
ログインURL 必須 通常は https://login.salesforce.com/
インスタンスURL 必須 貴社Salesforce管理画面URL(例:https://expample.my.salesforce.com/)
連携するオブジェクト 必須 紐づけるものとしてオブジェクト名を入力してエンターを押す。カスタムオブジェクトも設定可能。(例:「Contact(取引先責任者)」「Account(取引先)」「Contract(契約)」「Lead(リード)」)
KARTE_IO_-_______-_KARTE.png
ユーザーキーブラックリスト 任意 KARTEにデータを送信したくない対象データのキーを入力
フィールド設定 必須 設定したフィールドのSalesforce上のデータがKARTEのデータテーブルに送信され、ユーザーがサイトに来訪した時にデータが同期される。必ず2つ以上の登録が必要で、登録フィールドのうち1つ以上をキーに登録する必要がある。

「フィールド設定」詳細

  • a. Salesforceのオブジェクト名
    • 設定 > オブジェクトマネージャ から参照して、連携対象のオブジェクトのAPI参照名を入力してください。
    • 複数のオブジェクトを連携させることが可能です。
    • デフォルトのオブジェクト:(例)Account
    • カスタムのオブジェクト:(例)Karte__c
  • b. salesforce で指定されているフィールド名
    • 170427_salesforce_1.png   170427_salesforce2.png
    • __2x.png
    • デフォルトフィールド:(例)Status
    • カスタムフィールド:(例)Plan__c
    • デフォルトで参照しているオブジェクトのフィールド:(例)Account.Name
    • カスタムで参照しているオブジェクトのフィールド:(例)Contract1__r.StartDate
    • salesforceの基準テーブル上のフィールド名をそのまま記入してください
    • salesforce上での参照関係があれば何階層でもたどることが可能です
    • フィールド名は、下記いずれかの方法でご確認いただけます
    • i. salesforce にログイン > 設定 >カスタマイズ > (対象オブジェクトを選択) > 項目 と遷移し、下記画像のように記載されている「API参照名」を「Salesforce上のフィールド名」に記入してください
    • ii. salesforce にログイン > 設定 > オブジェクトおよび項目 > オブジェクトマネージャ> (対象オブジェクトを選択) > 項目とリレーション と遷移し、下記画像のように記載されている項目名「項目名」を「Salesforce上のフィールド名」に記入してください
    • フィールド名の具体例
  • c. KARTE上に表示させるフィールド名
    • ユーザーIDで紐付けを行う場合: user_id
    • email で紐付けを行う場合: email
    • ここで指定した名前で、KARTEのデータテーブルへ保存されます。空の場合は、aで指定した名前が表示されます。
    • データテーブルに保存する際の型を明示的に指定したい場合は、「user_id:string」「revenue:number」のように、「:(コロン)」区切りで型を指定することができます
    • データテーブルのキーに指定する場合は、このフィールドにKARTEで使用している名前を記入してください
  • d. 日付型の指定
    • 対象データが日付の場合は、チェックを入れてください
    • このチェックが入っていないと、ユーザーのマージ後解析や管理画面表示で日付型として扱わません
  • e. キーの指定
    • KARTEでユーザーIDなど一意の情報(メールアドレスなど)と一致するフィールドにチェックを入れてください
    • 必ず1つ以上、この項目にチェックを入れたフィールドを用意する
    • 複数選択されていた場合は、key以外のカラムが同じ情報の複数行に値が保存されます

補足

データ連携後の確認

  • 初期設定をすべて完了後、翌日朝3時にデータ連携が行われます
  • グローバルナビゲーション > データテーブル > ユーザー属性の追加に「プラグイン: salesforce(オブジェクト名)」が追加されているか確認してください

  • 「プラグイン: salesforce(オブジェクト名)」をクリックすると、連携したデータの中身をご確認いただけます

連携したデータのフィールドの追加または削除

連携したデータテーブルのフィールドを追加または削除する場合は、一度データテーブル全体を削除する必要があります。

  1. プラグイン設定より新しいフィールド情報を追加し保存
  2. グローバルナビゲーション > データテーブル > ユーザー属性の追加に「プラグイン: salesforce(オブジェクト名)」> 設定ページの最下部にある「データテーブルの削除」ボタンをクリックしてください
  3. 翌朝3時の同期後、データテーブルの反映をご確認ください

連携したデータの削除

連携したデータテーブル全体を削除することが可能です。

  • グローバルナビゲーション > データテーブル > ユーザー属性の追加に「プラグイン: salesforce(オブジェクト名)」> 設定ページの最下部にある「データテーブルの削除」ボタンをクリックしてください
  • なお、削除したデータを復旧することはできませんが、再度 salesforce 連携を行ってデータ追加をすることは可能です

留意点

Salesforce Sales Cloud連携(β版)は無料でご利用いただけます。
ただし、連携にKARTEのデータテーブル機能を利用するため、一定のリクエスト数を超えた場合、従量課金となります。従量課金形式に自動的に移行することはなく、ご利用の多いお客様には個別で担当よりお声がけをさせていただきます。
詳しくは下記をご確認ください。

関連