※データテーブルは、現在正式版リリースの開発のため、新規の提供を停止しています。正式版に関するお問い合わせは、営業担当までお願いします。

  • 外部FTPサーバと連携してcsvファイルの取り込みを行うことが可能です。データテーブル(β版)の機能を利用します。

ここでは、FTP連携によるデータテーブルへのデータ取り込み、及びそのユーザーデータを活用した接客サービス作成までの一連の流れを説明します。

目次

  1. 事前準備:プラグインのインストール
  2. データテーブルの新規作成 
  3. 取り込みスケジュールの設定 
  4. ユーザー紐付け 
  5. セグメント作成 
  6. 接客サービス配信

1. 事前準備:プラグインのインストール

この機能を利用するには、以下のプラグインのインストールが必要です。サポート担当までお問い合わせください。

  • 「FTP連携」

  • 「データテーブル(β版)」

2. データテーブルの新規作成

「データテーブル(β版)」>「新規作成」より、データテーブルを新規作成します。 

_________________GDO_-_________-_KARTE.png

3. 取り込みスケジュールの設定

2で作成したデータテーブルの「スケジュール」タブ >「取り込み」> 「+設定」より、CSV取り込みスケジュールを作成します。

「取り込みデータの種類」で「FTPサーバ上のCSV」を選択してください。

_________________GDO_-_________-_KARTE.png

取り込みは即時実行(1回のみ実行)と定期実行(指定したスケジュールで実行)を選択可能です。

※繰り返しを選択しない場合は取り込みタスクの保存の代わりに、いますぐ実行という表示に切り替わります。

取得元ファイルパスは、日付などのワイルドカード(%%Year%%、%%Month%%、%%Day%%)をご利用いただけません。

KARTE側が同一ファイル名を取得しにいくため、毎回のタスクで同じファイル名で出力(上書き)するよう設定してください。

オプションでFTP接続先の情報を設定します。(接続先ホスト、ポート番号、ログインユーザー名とパスワード、など)

______-_________-_KARTE.png

上記の設定は、FTP連携プラグインのプラグイン設定で共通設定していれば省略可能です。

______-_______-_KARTE.png

例では、以下のようなcsvファイルをデータテーブルに毎日取り込む設定をしたとします。

csvファイル

ftptest_csv_____.png

データテーブル

______-_________-_KARTE.png

※取り込んだデータのデータ型が正しいか、合わせてご確認ください。

4. ユーザー紐付け

必要に応じてユーザー紐付けの設定をONにしてください。

______-_________-_KARTE.png

 例では、identifyのuser_idをキーに、ユーザータグに紐づけています。

(参考)ユーザー紐付けの詳細はこちらをご確認ください。

5. セグメント作成

ユーザー紐付けした情報をもとに、セグメントを作成できます。

(例1:データテーブルの「recommend_item」項目が存在するユーザー)

______-__________-_KARTE.png

※セグメント情報が更新されるのは、該当ユーザーがWeb来訪したタイミングです。

6. 接客サービス配信

5で作成したセグメントを使って、接客サービスを配信することができます。

また、紐付けたデータテーブルの項目を、アクションの変数(ユーザー情報埋め込み)に利用することも可能です。

(例:ユーザー情報の埋め込み設定画面)

______________________________v1_0_-_______-_________-_KARTE.png

(例:保存して閉じた後の状態)

______________________________v1_0_-_______-_________-_KARTE.png

関連ドキュメント

データテーブル機能(β版)

データテーブルの各種制限

取り込みcsvファイルのレイアウトと仕様