IPロケーション(IPロケーション)は外部サービスを利用しているため、一部配信においての制約がございます。

位置情報(IPロケーション)イベントの制約

位置情報(IPロケーション)関連のセグメントがユーザーに付与されるタイミング

ユーザーの初回イベント発生時には、位置情報(IPロケーション)イベントがまだ発生しておらず、ユーザーへの位置情報(IPロケーション)関連のセグメントもまだ付与されていない状態です。

そのため、サイトへの初回来訪時など、位置情報(IPロケーション)関連のセグメントを対象ユーザーとして設定した接客サービスが配信できないタイミングが存在します。

例) 「東京からアクセスしている」「初回来訪」ユーザーに対して特定の接客サービスを配信する、など。

詳細

KARTEにおける、位置情報(IPロケーション)イベントの発生タイミングは以下のようになります。

  1. ユーザーがサイト上でイベント(閲覧など)を発生させる
  2. 1のイベント発生時のユーザーのアクセス元IPアドレスをもとにして、外部サーバーに位置情報を問い合わせる
  3. 外部サーバから位置情報を受け取ったタイミングで「位置情報(IPロケーション)イベント」が発生する

3 が完了するまで、位置情報(IPロケーション)イベントが発生しないため、位置情報(IPロケーション)イベント関連のセグメントがユーザーには付与されません。

そのため、3が完了するまでの短時間の間に、ユーザーが複数のページを閲覧するなどした場合、その間は、位置情報(IPロケーション)イベントに関する特定のセグメントを対象にした接客サービスは配信できません。

位置情報(IPロケーション)イベントの配信トリガーでの利用について

位置情報(IPロケーション)イベントはKARTE内部で発生するイベントになります。

KARTE内部で発生するイベントについては、サイト上に配信する接客サービスの「対象イベント(配信トリガー)の設定には利用できません。

サイト上に配信する接客サービスの対象イベント(配信トリガー)に指定できないイベントの詳細については、こちら をご確認ください。

 

位置情報(IPロケーション)の精度

本サービスは、IPアドレスと位置情報を紐づけたデータベースを用い、IPアドレスから位置情報を判定しています。
モバイルの位置情報(IPロケーション)についてはキャリア基地局の位置情報となる場合があり、精度は保証できかねます。
※GPSによる正確な測位ではありません。