カスタムイベントタグを利用することで、カート落ち/カート内金額などの情報をKARTEで計測できます。
※以下の内容はカスタムイベントタグの仕様に準じ、すべて計測タグ読み込み後にタグを設置する必要があります。
またこのドキュメントでは”cart”というカスタムイベント名を使用していますが、カスタムイベント名は任意の名称で設定いただけます。
なお、カート落ち施策を実施するためのカートタグは、以下のような形になります。

カートページに設置するサンプルタグ(カスタマイズ版)

<script type="text/javascript">
try{
    // 実際のアイテム数に応じて、全てのアイテム情報を出力してください
    var items = [{
        item_id: '001',
        name: 'XXXXXXXXXXXXX',
        price: 3132,
        quantity: 1,
        item_url: 'XXXXXXXXXX',
        item_image_url: 'XXXXXXXXX'
    }, {
        item_id: '002',
        name: 'XXXXXXXXXXXXX',
        price: 6372,
        quantity: 1,
        item_url: 'XXXXXXXXXX',
        item_image_url: 'XXXXXXXXX'
    }];

    // itemsの各key毎の値の配列を生成
    var item_ids = items.map( function(item) { return item.item_id; }); //配列指定
    var item_names = items.map( function(item) { return item.name; }); //配列指定
    var item_prices = items.map( function(item) { return item.price; }); //配列指定
    var item_quantities = items.map( function(item) { return item.quantity; }); //配列指定
    var item_urls= items.map( function(item) { return item.item_url; }); //配列指定
    var item_image_urls = items.map( function(item) { return item.item_image_url; }); //配列指定

    tracker.track("cart", {
        price: 9504,
        quantity: 2,
        status: true,
        item_ids: item_ids, //配列指定
        item_names: item_names, //配列指定
        item_prices: item_prices, //配列指定
        item_quantities: item_quantities, //配列指定
        item_urls: item_urls, //配列指定
        item_image_urls: item_image_urls, //配列指定
        items: items
    });
}catch(e){
    if('tracker' in window){
        tracker.track('_error',{
            message: e.message
        });
    }
}
</script>

カート落ちの計測について

カート落ちを計測する場合、「カートページ」「購入完了ページ」にカスタムイベントタグを設置します。
※「カートページ」はサイト上で「カートへ進む」というフォーム等から遷移したページを指します。

カート落ちの計測では”cart”というカスタムイベントでの”status”というパラメータ計測が基本となり、

  • カートに入った(=カートページを閲覧した)場合
    • status: true
  • 購入完了した(=購入完了ページを閲覧した) 場合
    • status: false

というパラメータを計測します。

このようなパラメータを計測することで、

  • 計測された”cart” の”status”がtrueであれば「カートに入ったが購入完了していない」
  • 同様に”cart” の”status”がfalseであれば「カートに入って購入完了した」
    という状態をKARTE上で識別できます。

カートページに設置するサンプルタグ(最小構成)

<script type="text/javascript">
try{
    tracker.track("cart", {
        status: true
    });
}catch(e){
    if('tracker' in window){
        tracker.track('_error',{
            message: e.message
        });
    }
}
</script>

商品が空の場合は、以下のように、商品が空で、status: falseで実行されるようにしてください。

<script type="text/javascript">
try{
    var items = [];
    var item_ids = [];
    tracker.track("cart", {
        price: 0,
        status: false,
        items: items,
        item_ids: item_ids
    });
}catch(e){
    if('tracker' in window){
        tracker.track('_error',{
            message: e.message
        });
    }
}
</script>

購入完了ページに設置するサンプルタグ(最小構成)

<script type="text/javascript">
try{
    tracker.track("cart", {
        status: false
    });
}catch(e){
    if('tracker' in window){
        tracker.track('_error',{
            message: e.message
        });
    }
}
</script>

購入完了ページにコンバージョンタグとcartのカスタムイベントタグを同時出力する例

<script type="text/javascript">
try{
    tracker.buy({
        transaction_id: "0001",
        price: 1000
    });
}catch(e){
    if('tracker' in window){
        tracker.track('_error',{
            message: e.message
        });
    }
}
</script>
<script type="text/javascript">
try{
    tracker.track("cart", {
        status: false,
        price: 0
    });
}catch(e){
    if('tracker' in window){
        tracker.track('_error',{
            message: e.message
        });
    }
}
</script>