JavaScriptのタグ読み込みには、大きく分けて2つの方式があります。同期タグ非同期タグです。

これらはJavaScriptの処理のタイミングについての分け方で、「同期タグ」はページの読み込みと同期していて、逆に「非同期タグ」はページの読み込みとは独立して処理されます。

KARTEのトラッキングタグは、非同期での読込を採用しています。

同期の場合

scriptタグの読み込み位置に来た時、ページ(DOM)の構築処理が中断されて、scriptタグが読み込まれます。

非同期の場合

scriptタグが読み込み位置に来た時、ページ(DOM)の構築処理を中断せず、ページ(DOM)構築完了後にscriptタグの読み込まれます。

Group.png

非同期型を採用している理由

  • ページが表示されるまでの時間に悪影響を与えにくい

  • KARTEを導入することで、ページの読み込み時間が伸びた場合、ユーザーのページの閲覧体験を阻害してしまう恐れがあるため、非同期型を採用しています。

  • また、同期型の場合は、タグがエラーを起すと、ページの読込自体が止まってしまう重大な問題につながる恐れがあります。 

  • 通常の接客サービスの表示は、DOM構築完了後に表示するものであること

  • 同期型のJavaScriptでページの要素を追加するなどを行っている場合、ページがない状態で接客サービスを表示するといった問題に繋がる可能性があるため。