• WebサイトにKARTEの計測タグを導入し、かつKARTE for AppのSDKを導入頂いている場合は、ブラウザ経由のWebアクセスと、アプリのWebView経由のアクセスを区別することが可能です。それに伴い、KARTEの接客サービスの出し分けも可能となります。ただし、WebViewへの掲載は、お客様の環境によって表示されない場合もございますので、必ず検証環境でのテストをお願い致します。
  • アプリのWebViewで、KARTEのタグが動作するためには、以下の動作条件を満たしている必要がございます。
  • WebサイトにKARTEの計測タグが入っていて、KARTE for AppのSDKをご導入頂いていないアプリの場合は、下記のいずれかの手法でアプリのWebView経由のアクセスの区別が可能です。
    • ユーザエージェントにより通常ブラウザ経由のWebアクセスと、アプリのWebView経由を区別する(ユーザエージェントのカスタマイズが必要な場合有り)。対応しているユーザエージェントについては上記リンクをご確認ください。
    • WebViewで開く場合に何らかの特別なクエリを常にURLに付加する。