KARTE For AppのSDKでは、広告ID(IDFA)の取得を行なっています。
広告ID送信のON/OFFは変更可能ですが、デフォルトでは送信する設定になっています。
そのため、Appleへの申請の際、設定内容によってはリジェクトされる場合がありますのでご注意ください。

こちらを参考に、Appleへの申請方法の見直しをお願いします。

以下、KARTE for Appで広告IDを利用する場合のアプリ申請時の推奨の設定です。

App内で広告を出す →  チェックしない(広告を出していない場合は)
このAppのインストールを前に出した広告の成果であるとする → チェックする
このApp内で行われたアクションを前に提出した広告と関連付ける → チェックする
iOSの「追跡型広告を制限」設定 → チェックする

KARTEでの広告IDの利用想定は、以下の通りです。

  • KARTEで計測しているアプリ内のユーザー行動データを元に、既存ユーザーを呼び戻すためのリターゲティング広告や、新規インストール獲得のための類似オーディエンス広告等を出す際に利用する。
  • 位置情報サービスやDMP等、他サービスと連携する際に利用する。

上記を利用する想定がない場合は、広告IDの送信をOFFにしていただく形でも問題ございません。
※ 広告IDの取得を希望しない場合は、初期化オプションを参考に設定してください